日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パンサーとエボシの孵化


ようやっとパンサーの孵化がはじまった!

4月産卵分で親はファリー。

とはいえ、まだ2頭だが(・∀・;)

CA3J0939.jpg

んでこのファリー、実は産地不明で入荷。
なもんでパンサーに詳しい方々に助言頂いた。

メスは2人の方に見せて、2人ともファリ判定。
オスは画像でお一方に見せて、身体的特徴からファリではないか?と。
どっちも同じ便で入荷した個体だ。

オスはこれね。

110318

実はこの個体、ヤングサイズで入荷したんだが、内臓疾患でフルサイズに成長できないまま死亡。
輸入された時、もう既に完治できない状態で、何とか治療しつつ1年近く生かしたが(悪い箇所の予測がついていた)結局フルサイズでの色彩変化を見届けることができなかった。
途中グリーンが強くなったが、それでも徐々に尻尾や足からスカイブルーの発色を見せていた。
が、やっぱ最終的には駄目だった orz

丁度このオスが調子良い時にメスが発情してくれたんで交配ができたんだよね。

常に治療しなければならない状態だったため、ものすっごい嫌われてたなぁ(私が)

このベビー達は元気に育って欲しい(オスの疾患は後天的なものなんでベビーには問題ない)

しかし繁殖ラインの変更をして11ヶ月。
ようやくその成果が形になりつつある。

やっぱパンサーのブリードは時間が掛かるね^^;

7月産卵分のエボシの孵化が始まってしまったよ(汗)
エボシは2系統残していて、この後に8月産卵分の孵化も控えている。
今年は100頭弱孵化予定だが、11月産卵分が孵化したら、1年くらいエボシのベビーの販売は無い。

今の親達がもう引退なんだな^^;

今回のベビーを育てて種親にするから最低半年は掛かる。
それから半年だからやっぱ1年だね。

うちのエボシは未だワイルドの血を色濃く残した系統なんで、地道に繁殖を続けて行きたいと思う。

つか、最初にワイルドエボシを仕入れた時、こんなに長くエボシのブリードすることになると思わんかった(・∀・;)
今度のベビーでF6くらいか?

なんちゅーか、私にとってのエボシのブリードは、息をするのと同じくらいに当たり前になってしまったな(ハーレム飼育にして放っておけば勝手に増える)

今年は色々なカメレオンのブリードに挑戦してみよう。


私信

スパイニー・ウスタレのKさん、返信が遅れてすいません。
言葉をまとめるのに時間掛かっております。
なんちゅーか、私も色々やりたくなっちゃいましたよ!


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/16(月) 03:16:13|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0
<<スパイニーの交配とウスタレ | ホーム | カーペットの産卵。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。