日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

カメレオンの体調トラブル そのいち

カメレオンに限らず生体には常に色々なトラブルが起こりうる。

今回の患畜(?)はジャクソンカメレオン。

画像を見ると普通っしょ?
だがしかし、この個体、数日前までは歩くことはおろか、起き上がることもできない状態だったんだよ(滝汗)

110221

うちにいるメルモンジャクソンの中で、一番餌食いが良く太っていた個体なんだが
ある日突然、枝にぶら下がったまま動けない状態に。

えーとさ、お前さん、昨日まで飯食って動き回ってたよな?

見つけた時はほんとビックリした。

慌てて枝から引き剥がしたんだが、その時点でこの症状の理由が判った辺り
実はその兆候があったことの証明でもあるんだが……。
とはいえ、本当に些細なコト。
今思うと、あれがそうだったのか…という。

手足の先だけはしっかりと動き力もあるんだが、それ以外の筋肉がまったく動かない状態のこの個体。
内臓や意識はしっかりしているんで、とにかく顔には生気がある。

食欲もあったんで(目でコオロギを追う)体を支えながら餌箱を用意すると、しっかりと舌を伸ばして捕食。
水のみも問題無しってことで、とにかくできる限りの治療を施すことにしてみた。

必要な薬剤は持っているんで(ちゃんと病院で処方してもらったもの)
あとは自分の所見を信じて治療あるのみ!

2日・3日と過ぎ、それでも寝たまま状態。
4日目にどうにか立ち上がって、枝の上(地面に置いたもの)で体を支えるだけの筋力回復。
5日目、少し高い場所に登ってバスキングできるように。
6日目、水槽から出せと暴れる(それでも若干症状有り)

現在7日目だが、まだ水槽内に放したコオロギは捕食できないが、それでも安定して枝の上で体を支えられるようになった。

あともうちょいかなぁ。
少しは動き回るんだが、元々が活発に動き回る個体だったんで、それを考えると今の状態は6割方ってところか。

とにかく良く太っていた個体である事と、症状が急速だったんで対処できた。
これが症状が出るじわじわ型だったら、絶対に改善できなかったと思う。


こういった疾患は大なり小なりは別にして、カメレオンに限らずほとんどの爬虫類で起こる可能性があります。
当方では毎年何百頭もの爬虫類を扱い、その中で起こった経験と獣医さんの指導で独自対処できています。

実際沢山のご相談を受けるのですが、そのほとんどが獣医さんによる適切な処置が必要な段階です。

今回のように、寝たきりのカメレオンでも自力歩行できるほどに改善できる可能性があります。
ただそれは必要な薬剤と器具が揃っているからこそ出来ることで、文面だけでこうしてあーしてで、どうにかできるものではありません。

お住まいの地域によっては、適切な治療をできる獣医師がいない場合もあります。
ですがやはり、何かあった場合に個人でできる治療は限られてしまいます。

本当はこういったトラブルが起きないように飼育できるようになれば良いんだが orz

己の未熟さと向かい合いつつ、スキルアップに精進したいと思います~~。

  1. 2011/02/22(火) 06:08:02|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0
<<珍獣の医学 | ホーム | タ……タマタブがっ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード