日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

色変エボシその後4月編。

明け方にここ書こうと思ったら、いきなり胃袋がギリギリギリ―――ッ!!
余りの痛さに死ぬかと思った(マジで)
1時間ほどで治ったんだが、一体なんだったんだ(涙)

090404本日のお題は色変エボシその後。
あと3日ほどで生後ひと月になる色変。
7頭生まれた彼らも少しずつ落ちて現在2頭に。
全員生きて欲しいと思って育ててきたが、この結果もしょうがないなぁと。
死亡した5頭中4頭は、根本から奇形と紙一重の未形成児。
通常体色兄弟でも同じような個体2頭はやはり落ちた。
せめて健常個体だったらなぁ、色変わりかつ多少の虚弱性があっても生存率はもっと高かっただろうに(涙)
ちなみに5頭の残り1頭は、完全に私のミスで落とした orz
画像は人工餌を与えた直後。
前にも書いたがここ最近は【餌=注射器の先】という認識が出来上がっているんで、我先にと飛びついてくる。
体が育ったせいか、手前の個体は少し大きめの肉片も楽に呑み込めるようになった。
口開けて注射器の先を咥えるように口をパクパク。
そこにどんどん流し込むわけだが、口からあふれてももっともっとと徐々に立ち上がり、最後には画像にある通り直立した姿になってしまう(笑)
この時点で全身流動食まみれ。
頭から下半身までびっしょり。
なもんで、食事専用プラケに移動して餌あげるわけだ。
下はキッチンペーパなんで、食後に全身を霧吹きで洗い流しても大丈夫!
育成ケースを流動食まみれにすると衛生面がまずいもんね。
しかし最近頓に思うのが

爬虫類育ててる気がしないんですが……。

こう、なんちゅーかなぁ

文鳥のヒナ?

声こそ出さないが、上向いて注射器から餌を呑みこむ姿はまさにそれ(汗)

ひと月で本当に成長したなぁ。
こやつらの最大の欠点は 『モノを呑みこむ力が弱い』
口に入ったものを喉に流し込む力が殆ど無かったんだよ(泣)
それイコール、カメレオンの生命線である舌を出す力も殆ど無い(喉の筋力が弱いんだと思う)
つか、今生存している2頭、半月ほど前まで目もちゃんと開かなかったんだよな。
今じゃ健常個体と同じように日中ずっと目を開けていられるようになったが。

流動食飲ませた後、体洗って(霧吹きで)その後に口元を掃除してやって(流動食が乾いて口元にこびりつくと、口がちゃんと閉じなくなる)

今のところ通常体色兄弟の大きめサイズの中といった成長度合いか。
とはいえ、その兄弟自体が他系統より一回り小さいワケだが(汗)
一番大きな個体が今日脱皮していた。
この色変もそうなってくれると少し安心できるんだがなぁ。

昆虫を殆ど使わない飼育はフトアゴでは実践済みなんだが、それでも生後半月はイエコを与えてのことだった。
カメレオンの完全人工餌飼育。
どこまでできるか挑戦ってところだな。

卵があと2つほど残っているんだが、内1つが未だに白い。
普通はある程度育つと中の緑が透けて見えるようになるんで、もしかしたら色変の可能性もある。
3日前と6日前に通常体色兄弟が孵化したんで、残りのこの卵に期待。
孵るといいなぁ(駄目になる可能性もある)


拍手コメント返信

>4●-3●氏
餌を食べているようなので安心しました。
水分だけはきっちり摂らせてやって下さいね。
>フィッシャーを持つ手
やったるでぇぇ―――!という意思の表れ(笑)
ひとそれをカラ元気という………orz
痩せた個体を立ち上げている最中にいつも思います

この腹についた贅肉をわけてやりてぇぇぇ!!

もしできたら100頭ぐらい軽く立ち上がると思う、うん(・∀・)
産卵まで気を揉むでしょうが、頑張って下さいね!

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2009/04/04(土) 09:27:39|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0
<<日々進化チュー(涙) | ホーム | やっと管理画面に入れた~~!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード