日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

南国フルーツとエボシ(関連性無し)

自宅の温室にあるネオレゲリアの様子を見に行ったら、立派なパパイアが。
ここは南国かと見紛う光景。
090315 0903151
ここにカメレオン放しちゃだめ?と聞いたら即却下。
まあ、コオロギ放すわけにもいかんもんね(笑)

んでもって色変エボシ関連。

おぉ~~い!母ちゃん抱卵してるんだが(汗)
白いエボシの母親がいつの間にか抱卵カラー。
何でびっくりかってーと、先日書いた通り父ちゃんが瀕死の状態だから。
昨日から枝に上がる事も出来ないほど悪化。
間違っても盛れる状態じゃない。
ってことはその前に交尾してたってことだよな?
実はこのペア、うちでも1・2を争うほど臆病で、いつも蛍光灯の上に隠れているから滅多に姿を見れない(ケージが広いのもある)
なもんで故意に姿を確認するのも面倒で、抱卵しているのに気付かなかった(汗)
知人に指摘されて本当にびっくりだ。

んでこれも知人の指摘なんだが、この系統のメスの抱卵カラーはちょっと変わっているようだ。
今別系オスと組み合わせて抱卵している個体がいるんだが、全体的にちょい淡い色合いで黒い場所もパステル掛かっている。
指摘されるまで気にした事がなかったなぁ。
確かにこの系統の抱卵カラーは他系統に比べ皆淡い。
実は祖母ちゃんがそんな状態だったんで、特別変だとは思っていなかった。

ベビー自体は1頭落ちて現在6頭生存。
落ちた1頭は元々ペラッペラで、これはしょうがないな、という感じだ。
残りは一応成長しているようだ。
通常体色の兄弟はようやくピンヘッドのイエコを捕食しだした。
成長度合いは色変の方が栄養価の高いものを与えているせいか、微妙に大きく育っている。

ただなぁ、相変わらず6頭中4頭の目がきっちり開かない。
コオロギを捕食しているらしい個体は1頭のみ(多分)
当分の間は流動食のみで育てるしかなさそうだ。
太ってはきているんで、体力がつけばそのうち目もしっかりすると思う。
色変という点の育て辛さはフトアゴで散々経験済みなんで、その知識も多少役に立つだろう。

でっかく育った姿が見てみたい。
いまのところオス2のメス4.
緑16:白7
これってアルビノヘテロの法則っぽいよなぁ(汗)
両親は同腹兄弟。
劣性遺伝として確立されている形質なら、緑16にヘテロがいることになる。
ここはやはり検定交配、だな。
もし育ったとしてこれ以上直系兄弟姉妹で交配するわけにはいかないが、ちょうど両親の姉妹が別系オスで卵が取れているんでそっちと掛けることができる。
最悪そのメス自体と交配も可能だし。

う~ん、エボシで遺伝オタクの血が騒ぐことになるとは思わんかった(笑)

とはいえ、育てば、だ。
とにかく話はそれからだ orz

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2009/03/15(日) 09:18:39|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0
<<色々まあ、あるわけです。 | ホーム | 色変エボシベビー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード