日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

やっぱ可愛いにこした事は無い。

090110ようやっとフトアゴのメンテがひと段落(終わったとは言わない。続きは明日)
フトアゴの繁殖スイッチをポチッとしたお陰か、あっちでもこっちでもドタバタと物凄い音が(汗)
カメレオンも(とりあえず)ひと段落したし、頑張って繁殖してくれっ!お前ら!

んで画像は親亀小亀なツーショット(笑)
下の大きな個体、どうしたわけか小さな個体と一緒に居るのが好き。
自分の兄弟達が居るケージから脱走して、必ず隣の小さな個体が居る場所にばかり逃げてしまう。
正直なところこのくらいサイズに違いがあると、かな~り危険。
【普通なら】ほぼ確実に共食い状態になる。
が、しかし、このひとだけは平気なんだなぁ、どうしてか。
ちっこいのが他にも4頭ほどいるんだが、頭やら背中にチビ共乗っけてバスキング。
コオロギをばら撒いても、ちゃんとチビ共の動きを見ていて間違っても誤爆してバクリなんてことはしない。

元のケージに戻しても戻してもまたチビ共のところにいるんで、何が気に入らんのかとケージに戻した直後を見ていたら……。
どうやらこやつと同じ大きさの兄弟(クリアネイル)が嫌いらしい。
そっちはあからさまにオスの特徴が出ているんだが(ヘミペニスのトコが凹んでいる)
こやつはどう見てもオスの特徴があるにもかかわらず、全長30cmにしてヘミペニスが発達していない。
別段喧嘩をしているわけでもないんだが、少し気が強い兄弟に無意識に萎縮しているようだ。

基本的に気が弱いっつーか、優し過ぎる性格なんだろう。
なもんで、しょうがないんで戻すの止めた。
飢え死に寸前でもなけりゃ、こやつの気性じゃ共食いは有り得なそうだし。
ほんと、母親似だなぁ。
顔も母ちゃんそっくりだ。
0901101 0901102
左が上の個体で、右が母ちゃん。
母ちゃんはもう高齢なんで色が薄くなってしまったが、若かりし頃は顔が真っ赤に発色していた。
このブログのタイトル画像のフトアゴと同一個体。

02年生まれなんでもう7歳か。
私がフトアゴを始めたばかりの頃に購入した個体でDDそのまんま。
後からクリアネイルへテロだったと気付いてビックリしたという(当時クリアネイルの品種名無し)
左画像個体の父方曾祖父ちゃんが当時母親と同ファーム同便で入荷した個体だったりする。
そう言った意味では少し血が濃いのかも(汗)
母親の方は今年こそ引退なんで(昨年繁殖に使う予定が無かったが、無精卵産んだんで急遽繁殖ラインに投入)今後は子供達に頑張ってもらおう。
性格が良い子が多いんだよね、彼女の子供達や孫には。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/10(土) 01:24:07|
  2. フトアゴヒゲトカゲ
  3. | コメント:0
<<100均は爬虫類飼育に欠かせない。 | ホーム | メラーが……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード