日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

デュビアの選別作業

080121チラリズムの中秘められたエロスに目覚めたよ←アホ
脱皮中にもかかわらず、エサくれと脱ぎ掛けで出てきたうちのナンバー2さん。
Lサイズマウスを食ったら、また脱皮作業に戻りました…さっさと脱いどけ。

今日はひたすらデュビアの種親選別をしていた。
この作業、ひじょ~~に地道な作業である。
うじゃうじゃっといる中から、これは!という個体を選別してひたすらケースに放り込む。
ンコ座りしたまま2時間。結構辛い(姿勢が)
が、しかし、これをおこたるとえらい事になるんだな。地味だが重要な作業のひとつだ。
たまに聞く『近親交配の弊害で個体が小さくなる』というのは、いったいどれほどの期間続けることで起こるのか。
もうそろそろデュビアの繁殖を始めて1年半になるんだが、うちのデュビアは今のところ縮小の兆しなし。
とはいえ、一般的に飼育する数とうちでは基本数が違うのだから、そういった傾向が出るのはまだまだ先なのかも知れない。
スタートは2500匹くらいだったかな。
それでも今後を考えて用心するにこしたことは無い、ちゅーわけで、地道な作業に勤しんでいる。
小柄な体格になりそうな個体はひたすら削除(エサ)
とにかく体型が整ってバランスの良い体型の幼体のみをピックアップする。
だいたい総数の4割くらいが親候補、あとは全部エサ。
ただ種親候補の方が良く太って美味そうなんだよなぁ。
それをエサにする訳にはいかんのでしょうがないが。

多分これをおこたると縮小化するんだろう。
実はこれ、グッピーの繁殖では必要不可欠な作業なんだよね。
この熱帯魚、比較的近親交配での累代繁殖が可能な種なんだが、それでも選別淘汰をおこたると、あっちゅう間に系統が衰退してしまう。
ちなみに私が知っている最高累代繁殖は27代だ。
とにかく選び抜いた個体だけで近親交配を繰り返す(純系保護の為)
まだ私がグッピーのブリードをやっていた10年近く前の話なんで、今はもっと進んでいるかもしれない。
そんな状況を目の辺りにしてたんで、こりゃゴキもやらにゃマズイだろうと、デュビアの繁殖を開始した時からこの作業だけは絶対に手を抜かないようにしている。

最近はかなり手を抜いて飼育しているんだが、それでも皆元気に繁殖。
うちの場合、年中常夏なんで1年を通して安定供給が可能なありがたいエサだ。
明日は子供が増え過ぎたケースの親を移動せんとなぁ。
ファーム内は間違いなく爬虫類よりも昆虫の方が多い(汗)

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/01/21(月) 08:22:41|
  2. 日々徒然
  3. | コメント:0
<<拒食君再生計画 | ホーム | ふところは常にシベリア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード