日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

アカボシの繁殖

071213アカボシユビナガガエルさん、かさかさに乾きチュー。
もう何年飼育しているかわからないアカボシさん。いい加減、本格的に繁殖にチャレンジしないと、寿命が先に来てしまいそうな勢いだ。飼うだけなら恐ろしく飼育し易いカエルなんだがな。いかんせんその他の資料が無さ過ぎる(汗)
大雑把に見て、似たような地域(アルゼンチン・パラグアイ)に住む同じミナミガエル科のカエルには、パジェットやチャコガエル・クランウェル・ベルツノガエルなんかがいる。
他にも居るがまあ省略(調べる気力が無い)
で、上記のカエルは皆【乾眠】するんだよね。
なもんで、もうこの方法しか無いっしょ!?
というわけで、徐々に徐々に飼育ケージの中を乾かしていった。
とはいえ、

ものすっげぇぇぇぇっ、怖いんデスガァァァァっ!!

いや、本当に乾眠してくれるかどうかも判らないカエルなんですよ?
もしかしたらそのまま干乾びちゃうかもしんないんですよ?
チャコガエルが乾眠するのは知っている。クランウェルもベルツノも大丈夫だ。
ついでに言うとコケガエルも乾眠(冬眠?)する(今回関係ないが、実体験)
だがしかし、アカボシは判らない。
なもんで、もう2~3週間乾いたままの状態で、数日に一度シェルターの中を確認して干乾びてないか確認。
で、その度にほっと一安心。
繭こそ作らないが、ジッとシェルターの中に潜んでいる(2箇所シェルターはあるんだが、何故か雌雄で同じところに潜んでいる)
皮が硬そうだもんなぁ。今のところエサも与えていない。
何でかというと、フンをすると水分も出してしまいそうなんでな(汗)
様子を見ながら暫く乾燥状態を続けて、その後で盛大に雨季を作ろうと企んでいる。
今までちまちまと策を講じたが、いい加減思いっきりをつけんとな。
やる時はやる。だがそこに辿り着くまでが長い(小心者)

1月の初旬かな。
それまでに豪雨システムを作ろう。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/12/13(木) 09:00:12|
  2. カエル
  3. | コメント:0
<<2頭めエボシ抱卵 | ホーム | フトアゴ産卵。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード