日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

色々と大変

071202昨日は田園調布の動物病院へ行ってきた。
前々から気になっていたんだが、エボシメスの後ろ足付け根の手前くらいに、エボシの卵大の膨らみが2個ほど出来ていて、一度ちゃんと見てもらわんとなーというわけで、昨日ようやく行って来れた。
別段食が落ちたとか、顔色が悪いってことはないんだが、カメレオンの場合気がついたら下に落ちていた…なんてこともままあるから怖い。
特にこの個体は臆病なんで、たま~に植物の中を漁って調べないと体調管理がまったくできない。
んで診断結果。

腹壁ヘルニア(だったか?うろ覚え)

魚屋で売っている内臓を取った魚を想像してもらうとわかり易いと思うんだが、通常内臓が収まっている場所は周囲が薄い膜で覆われている(内臓とるとそこは空洞状態)
今回はその一部が破れて(裂けて?)中に納まっていた内臓の一部が飛び出している状態なんだとか。
形状として例えるなら脱腸みたいな感じ?
膨らんだ場所を皮膚の上から押すと、ずぶずぶっと指が中に沈んでしまう。
正常な場合、押しても腹膜に押し返されるような感じになる。
側面に肉ついてないからな、カメレオン……。
皮膚の真下に飛び出した内臓がある状態。

原因なんだが、多分前に抱卵した時に卵の数が多過ぎて破れたか、その時に何らかの衝撃を受けて破れたんじゃないかと。
パンパンに膨れてたからな、腹(汗)
同サイズの他メスはほぼ同じ数を生んでも平気だったんで、この辺は個体差だとか(例えば腹壁の伸縮率の違いとか広さ)運の問題なのかもしれない。
で、治療だが、とりあえずはそのまま何もしないということで。
哺乳類なんかだと腹捌いて腹壁を縫合するんだが、爬虫類のばあい平気だろうと判断。
皮、硬いからな、カメレオン。
逆に開いた方がダメージがでかくなる可能性もある。
縫った場所は完全に元に戻るわけじゃない。
何らかの衝撃を受けてまた腹壁が破れた時(一度裂けた場所と周辺は通常部位に比べて裂けやすい)薄くなった皮膚まで裂けた日には…。
それに脂肪や肉がないから、腹壁から出た内臓が必要以上に皮下で動く心配が無い。
なもんで今回はこのまま。
健康上はまったく問題なし。出血があるとか炎症を起こすとか、そういった内容では無いんで無問題。
ただ、また抱卵した時には気をつけてやらんとな。

一緒に連れて行ったフトアゴ1頭は、そのまま検査入院。
注文を頂いていた個体なんだが、発送前日にチェックしたら…右腕が動かない orz
どうも脱臼くさい(涙)
腕がプラプラ。
他個体と何かあったか(スポットライトの下でフトアゴ山の下敷きになったとか)、自分でヘマをやらかしたのか。
外見上怪我は無いんで、とりあえずレントゲンで調べるしかない。
生き物商売は難しいなぁ、本当。何が起こるかわからない。
行き付けの病院が無かったらどうなっていたんだか。
田園調布方向に足向けて寝られない…いや、冗談抜きで。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/12/02(日) 08:32:39|
  2. カメレオン
  3. | コメント:1
<<レオパのハーレム | ホーム | 細面でスレンダーなのが好きだ。>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/12/02(日) 15:09:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード