日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マダガスカル便輸出停止の危機だったんだよね~。

新年明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致しますーっ!!

って、今頃ご挨拶になったのは年末年始がめっちゃ忙しかったから^^;
マダガスカルから戻って1発輸入があって、んでもってその後ひとりで生体管理。
スタッフ君が今日から出勤だったんでようやく一息~。
と~か、この前入荷組みが落ち着いたところで、もう今期最終便が入るんだな^^;
最終の意味はこの後の説明で。

その前に、アンビローブのフルサイズメスが2頭だけ入ります。
大型個体群のメスでっせっ!!
色調はわからん。
だって全部のカラーが出る個体群なんだもん
めっちゃ暑い中、ひたすら歩き回って汗だくになって捕獲した個体です。

ブルーバンドのアンビオスは売約済みです。
紺色のバンドの個体は今カフェにいます。

さて、今期最終便の意味をご説明。
結構ヘビーなネタ……なのかなぁ(のど元過ぎちゃったし)

実はマダガスカルのカメレオン輸出は、かなーりヤバイ状態だったんです。
今だから言えるんだけど^^;

この情報が入ったのが昨年の7月。

マダガスカルの輸出許可証(CITES)が無効になるかもしれない。
許可枠自体は出るけど、それが使えない事態になりかねないと。
これ、もともとはローズウッド(紫檀)のマダガスカルから東南アジアへの密輸出が発端。
タンザニアの象牙の密輸出が問題になっているのと同格で考えて欲しい。
もう何年も前から国際機関からそれを国で取り締まるように通達を受けていたんだが、マダガスカルは本腰入れて取り締まることをしなかった。
つか、現地を知っている人間からすると、そりゃ難しい問題じゃね?ってなもんだが(色々あって政治が機能してないからね)
とはいえ、そんなのは海外の人間に理解しろってのはムリ。
私的に言わせてもらうと、人道支援から始めなきゃ根本的な解決は無理。
今までどうにかこうにか交わし続けていたのが、ここに来てもうマダガスカルからの許可証付き輸出を全て無効にしてやる!
それが嫌なら密輸出を取り締まれ!

国際機関が業を煮やしたわけですな^^;

なもんでマダガスカルの業者が大慌て。
こちらでも現地の情報を別ルートから集めて、シッパー情報だけに惑わされないようにしていた。
8月になって年内(2016年)の輸出は保障されたとシッパーから連絡がきたんだけど、これって今後CITESが無効になる前の温情だよなぁと、来年の輸出が停止になる可能性が濃厚に(汗)
要は輸出業者がいきなり停止くらうと生活が立ちゆかなる。
だから年内に1年分の輸出をして稼いでくださいと。
12月にマダガスカル便がどっと入ったのはこういった事情。

私も今期はベストシーズンが良いよなぁと考えていたんだが、年内ならギリギリの12月に行くしかなかった。
慌しく出国してマダガスカルへ戻ったわけだが、ちょうど私が戻った頃に国際会議でマダガスカルの今後の輸出についての正式な結果が発表された。

今期の制裁処置は無し!

マダガスカルのあらゆる分野でのシッパーさん達が頑張りました。
爬虫類だけではなく、CITESは色々な分野での輸出に必要なものだ。
その人たちが国際会議の場で今後についてプレゼンテーションし、各国からの援助を取り付け輸出を可能にしたわけです。
それは数時間にも及んだそうですが、シッパーさん達の熱意が各国に届いた結果だね。
ちなみに現在輸出が停止されているタンザニアのプレゼンテーションは30分にも満たなかったとか^^;
最近知ったんですが、象牙の密輸の関係でタンザニアはCITESが無効になってたんですな。
どうりでタンザニア便が入ってないはずだな。
実はタンザニアの業者から取引を持ちかけられていたんだが、んん?今輸出停止食らってんのに何で輸出できるとか言ってんの?って。
それを伝えたら相手は今期制裁が解けたから輸出できるとか言ってんだけど、そんな情報入ってねーぞって。
数回やりとりして典型的詐欺手法だったんで、それを前提にメールで遊んでたら、これは騙せないと悟ったのか連絡が来なくなったww
どうやら私が本当に輸入しているとは思ってなかったようだ。
本気で輸出できるならタンザニアに行こうと思ってたんだけどね、残念。
今期どうなっているかは知らん。

てなわけで、今期の輸出許可証のほとんどはシッパーさん達が危機感を抱いたため12月で使い切られてしまってます。
次の枠が出るのは来年の7月。
特にパンサーなどの人気種の許可枠はほぼ残っていないんで、当分入ってきません。
更に言うなら、マダガスカルのカメレオンがいつまで入るのかもわからない情況。
密輸出の根源はとても根深いので、そう簡単には解決できないと思う。
今回はシッパーさん達が頑張りましたが、国が動かない限りはいつか限界がくると思う。
とはいえその国自体がとても不安定な状況であることは、現地の人たちと実際に接していると伝わってくる。
(大統領の支持率がめっちゃ低いんだ)

あーでも、今期に限って言うなら、年内にパンサーの許可枠がほぼ使い切れてくれてよかったなぁと。
2年前からパンサーの年間輸出枠が2000頭から3000頭に増えたんだけど、これは現地での全体生息数を考慮しての拡大。
輸出枠を増やしても良いほどマダガスカル全土でパンサーの生息数が多いと判断されたんだけど……。

人気がある産地に捕獲数が集中して、場所によっては壊滅的なほど生息数が減少してんのorz
アンビルベ(アンビローブ)、アンキフィー、アンバンザ(アンバンジャ)、ノシファリー。
特にノシファリーの生息数減少は深刻。
もともとカメレオンに限らず動植物の移動は禁止されているんだけど、お金欲しさに島の若い衆がパンサーを持ち出して小さな島の個体群が激減して島民が怒り心頭だとか^^;
ごめん、自分じゃ捕獲してないけどシッパーから私も昨年買いましたorz

私が見た限り人気が無い東側の個体群の減少は無いと思う。
ぎりぎり年内に各産地を回った私としては、最大の産卵期である1月以降にパンサーの捕獲がなされなければ、来期の北側個体数の復元にはかなり期待できると考えている。
一昨年の天候不良で昨年の生息数が少なかったから、ちょっと心配だったんだよね^^;
輸入業者としてはしばらく輸入が無いのは痛いけど、現地を知る私からするとこれはこれで良かったなぁと。
北側個体の復元に期待!

ってことで、今期最終便の意味がこれ。

実に心臓に悪い2016年だったーっ!!

今年の私は地に潜るんで宜しくー!

PS

スパイニーとウスタレ大量入荷予定。
大量に入るってことは、お客様好みの個体を選べるってこと^^
今回は特に私捕獲のウスタレが海外に物凄く受けてましたが、興味のある方はお問い合わせ下さい。
普通のウスタレより高いよ!
それでも良い方、是非宜しく(個人的に欲しかったんで、売れなくても良いやっ!な勢いで捕獲)
世界中で、うちにしか入らないウスタレだよ~ん。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ

****** Crazy Geno *******
東京都福生市武蔵野台2-3-4 ライオンズマンション福生第3
カメレオンカフェ・マダガスカル
カメレオン専門店 Crazy Geno
HP:http://crazygeno.web.fc2.com/

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2017/01/05(木) 01:28:53|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0
<<カメレオンって面白いなぁ、胃袋痛くなる時もあるけど。 | ホーム | 店主捕獲のパンサー入荷!その他カメレオンもおるでよ☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。