日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モーリシャスとマダガスカル到着1〜2日目

ただいまマダガスカル時間の6日の午後9時です(FC2ブログは日本時間で更新されるんで現在時刻を)

4月4日の深夜00:30に日本を旅立った店主ですが、11時間かけてアラブ首長国連邦のドバイへ。
旅の楽しみと言えば機内食っ!
特に今回は初めて乗るエミレーツ航空。
楽しみでしょうがなかったんだなww

まずは深夜2時の夕食。
旅の直前までドタバタだったお陰で夕食を食べられなかった私は非常に嬉しかった(T ^ T)



んで食った後はひたすら寝る。
んで爆睡した後に出てくる朝食。
食っちゃ寝の生活で確実に体重が2キロは増えたな(^^;;



ところでこれ、なんだと思う?



答え: 水
ウォーターっ!
ふつうに水。
こういうのを見ると、水って本当に貴重なものなんだなと再確認(^^;;
以前読んだネット記事で、日本のレストランで外国人にお冷を出したら、水は注文していないと怒り出したんだとか。
勝手に出してお金を取るつもりかと思ったんだろうね。
サービスだよと説明して、日本では水はタダだと言ったら驚いていたとか。
どこでも綺麗な飲料水が出る国。
日本人的に言うと、蛇口捻ったらポンジュースが出てくるという某県への驚き的な感じか?

羽田からドバイに到着後、今度はモーリシャス行きの飛行機で8時間くらい?



ドバイの空港にて。
鏡張りのドアで自撮り。
いつもこんな服装です。日本でも(笑 )

 んで飛行機の都合上、今回はモーリシャスに宿泊しなければならなかったんだけど、空港から1番近くて安いところがリゾートホテルという(^^;;
(注;日にちによっては、モーリシャスに1泊しないでも日本からマダガスカルへ丸1日で到着できます。私の場合は相変わらず直前でチケットの手配をお願いしたんで空席が無かった)



とはいえ、これは海外旅行者向けの宿泊サイトで探したんで、実際にはもっと安いところもあるらしい。
夜に到着したんで、画像は翌日のもの。部屋から撮影した風景。
驚いたのはこんなものが部屋にっ!



いや、日本では当たり前の光景だけど、アフリカ付近のホテルに装備されてるとは思わなかった!
夕食はビュッフェ。



何十種類あったか忘れたけど、モーリシャスの料理が色々あった。
手前が野菜もので、もう一皿がご飯と魚や肉の煮込み料理。
ぼっちでひたすらもぐもぐでしたが、生演奏を聴きながらなんで結構楽しい。
あーぼっちは私だけだったなぁ(笑)
お酒も飲み放題なようだったけど、オーダーが面倒だったんでビール1杯。
18時間のフライト後だったから、もうくたくただったんだよね。



朝食はフランスっぽくパンがメイン。
だけどソーセージとハムがあったのが有難い。
(マダガスカルの一般的なロッジではまず肉は出ない)
卵料理は目の前で作ってくれて、目玉焼きと卵焼きが一般的なんだけど、たまたま私の前で注文した女性がオムレットと言っているのを見てたら、卵に刻み野菜やチーズ入れて作ってたんで、さかさず同じものを頼んだっ!
これ、かなり美味しかったw

飛行機の時間があったんで、せっかくのリゾート地を楽しむ時間が無かったんだが、せめてもと目の前の海辺で撮影。



海が澄んでて本当に綺麗だった。
宿泊客はほぼフランス人で、皆さん海辺やプール際でゆったりくつろいでいた。

日本人と違って、向こうの人のバカンスは何もしない、だもんなぁ。

以前ノシベのリゾートホテルに泊まった時、ぽっかりと時間が空いてホテルの人にどこか観光できる場所は無いですか?と聞いたら
この島はリゾート地ですから、目の前の海でゆっくりくつろいだらいかがですか(にっこり)と言われた覚えが。
観光地とリゾート地の違いが身に染みたあの日(遠い目)

モーリシャスを早々に後にして、マダガスカルまで50分くらいの航路。
でもモーリシャス、1時間にも満たない搭乗でこの食事(汗)



マダガスカル航空じゃナッツ一袋だよ……。
マダガスカルのイヴァト空港に到着したのが5日の午後3時くらい。
そこからビザの申請(昨年は無料だったけど、今年から有料になった。30日以内の観光滞在の場合、25ユーロか27ドル)
まずこれにおもいっきし時間が掛かって、更にそこから入国審査。
ようやくそれをクリアーしても、その後預けた荷物が中々出てこない。
待ちに待って荷物を受け取った頃には、もう5時近くになってた
空港から出る時にセキリティーチェックがあって、人種問わずみんな旅行カバンを開けられて中身を入念にチェックされていた。
面倒だなーと思いつつも(別に調べられて困るものは入っていない)チェックに向かうと、屈強なおっちゃんがパスポートの中をペラペラ見て、私の顔と全身をくまなく見た後に、旅行カバンではなく見るのが1番簡単なボストンバックを開けろと提示。
はいはい~と、鍵を開けたら中身をひと通り見た後にすんなりオッケー。
ぼけらっとした日本人がひとり。
マダガスカル人の日本人に対する認識は、穏やかで良い人らしい。
これも今までマダガスカルに来た方々のおかげだよね。
ありがとうーっ!!

ちなみに私は、採取地で学者や研究者に見えるらしい。
実際ちゃんと調査はしているけどね。

そんなこんなで、タナの父ちゃんが手配してくれたスタッフと合流できたのがマダガスカルに到着して約2時間後。
タナの家に到着したのが6時半だった。
本当に疲れたorz

これが5日の出来事。

6日の今日は、シッパーさんとこ回って商談。
6月30日が今季の期限なんで、その事と来期の話をみっちり。
これが結構神経使うんだ。
あとは今回捕獲するカメレオンの輸出日なんかもね。
特に今回聞きたかったのが、今まで出ていない種の輸出枠が出る予定はあるか?と尋ねたんだが
無い
そーデスカ
タスキとかコブハナとかミノールとかさぁ、欲しかったんだけど

残念

余談だが、あるシッパーさんの目の前に、私が満面の笑顔でドンッと置いたのは
カップヌードルしょうゆ味。
ジャパニーズベストセラーカップヌードル!!と紹介したのは言うまでも無い(爆)
食べ方のレクチャーして手渡した!
気に入ったらリクエストしてね☆

数件のシッパーさんと商談して、その後はマダガスカル最大のスーパー
Jumbへ 
ここはありとあらゆるものが売っている総合店舗。
大抵のものはここで買える。
つか、ここじゃないと買いたいものが買えない。





食料品がメインだけど、衣料品や電化製品、本やCDにおもちゃや大工道具まで。
敷地内には色々な専門店もあるから、ショッピングモールみたいな感じかな。
飲食店もあったんで、カフェオーナーでもある私は、勉強の為といざ行かん!!
ガレット頼んでみたw



実はここ、外国人向けというか、高いから外国人が多いというか、マダガスカル人からすると高級カフェバー。
ガレットのセット、16000Ar。
日本円で¥550
町の定食屋で1食2500Ar(¥87)で食べられるわけだから、かなりの高級店。
レストランでステーキセット食える値段だよっ!
スタッフにもご馳走したんで、3人分飲み物含めて70000Ar(¥2400)
まぁ、勉強のためだからいっか!
この後の旅は節約しないとなぁ(遠い目)

7日は色々と街で買い物して、8日からのカメレオン捕獲の旅に備えてちょっと休もう。
8日から16日まで北を巡る旅だ。
マダガスカルへ戻るまでに忙しかったせいか、まだ体調が万全じゃないんだよね。
今日は早めに寝るー。
んじゃね。

ポチよろちく(o^^o)
にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ

****** Crazy Geno *******
東京都福生市武蔵野台2-3-4 ライオンズマンション福生第3
カメレオンカフェ・マダガスカル
カメレオン専門店 Crazy Geno
HP:http://crazygeno.web.fc2.com/

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2016/04/07(木) 03:13:26|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0
<<マダガスカルでカメレオン採取の中間報告 | ホーム | 次は青系パンサー重視で捕獲してくるよん☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。