日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

私のカメレオン治療法は誰の参考にもならない^^;

1月終わりに入荷したカメレオン達の治療が終わらない。
持ち腹個体はどうにか全員卵を出してくれた。
その中にはマルテもいるんだけど、産卵時期逃してて大変だった(涙)
1回で排出できなくて、2日連続で処置してどうにか全卵輩出。
脱水が酷くその後も処置が必要な状態だった。
ガリガリになったけど、今はちょっとふっくりしてきたんで良かった良かった。
卵は卵殻が厚くなってしまっていたんで、無事成長できるかわからない状態(というかほぼ駄目)
持ち腹ってほんと怖い。
つか、個人的には嫌いなんだよね、苦労するから(下手すると生めずに死ぬし)


この他にも拒食したり脱水起こしてたりと、万全とは言い難い個体がまだまだいる。

画像は現在治療中のパーソンのイエローリップ。
頭胴長だけで30センチ前後の大型個体だ。



脱水と栄養状態が酷く悪く届いた個体で、入荷してからずっと治療していた。
最近大型ケージに移した。



この画像はつい最近のもの。
適当にコオロギを食べて、まったりしている。
もう少ししたらメスとの相性を確かめないとなぁ。

現地から送られてくる個体は輸出直前にシッパーの元に届く事が多いんだけど、中には『余り物』が送られてくることもあるんだよね^^;
シッパーは注文を受けてカメレオンを集めるんだけど、体調不良の個体が出ることを考えて数頭余分に捕獲してくる。
余った個体はそのままシッパーで飼育されるわけだけど、こういった個体は例えば他のシッパーが急遽カメレオンが足らなくなった時なんかに融通し合う。
もしくは、次の輸入に回す……今回がまさにソレ(泣)

どこかの国に送ったやつの余りが今回のイエローリップさん達(シッパーさんとこ行った時に見せられた個体だったんだよね~)

あるシッパーさんが私に言いました。
私達はカメレオンの輸出のプロであって、カメレオンの飼育のプロじゃないって。
余って飼育されていたカメレオン。
はい、まぁ、そう言うことです^^;

メスは最初からガツガツコオロギ食べてくれたんだけど、オスはまったく見向きもせず。
とりあえず脱水の処置してどうにかなった。
血色が悪かった肌も、本来のエメラルドグリーンの体色が戻ってきたんで、あともう少しかな。

ところで、私はよくカメレオンの治療についてのご質問を頂くんだが……。
どんな治療法を行なっているんですか?
企業秘密だと思うんですが、ちょこっとでも良いので教えて下さい。

えーと、秘密も何もないです。
ぶっちゃけ、です←ぶっちゃけ過ぎ

どこをどうしたからこうした、ではなく
個体を見てこうしよう、みたいな感じ?

投薬で済む場合もあるし、内蔵が悪いと感じたらそれに合った処置。
複合技が必要になる時もありますが、その全てが直感かなぁ。

私が店で個人的に飼っているパンサーのシロ。



図体の割りに(体重300グラム)結構虚弱体質なんだけど(その割りに随分とデカク育ったもんだ^^;)
いつもならバクバクエサを食べるのに、ある日突然拒食して、何か恨めしげな目で私を見てきた。
なもんでこっちもジィ~っと見返したんだけど、あれ、シロ、もしかしてお前さん腹に寄生虫が大量にいるんじゃね?
みたいな?
理由はないんだけどそんな気がして、駆虫薬飲ませたら2日後に大量の線虫だした(滝汗)
出した後は当然、バクバクとエサ食いだした(笑)

駆虫しなくても物凄く元気な個体も多いけど、シロは若干内臓が弱いようなんで他個体とは違うケアをしないといけないみたいだ。
根本的にシロって、酷い脱水状態で届いた。
同じ便で届いた個体達の中で、一番状態が悪かったから免疫力と内蔵機能が弱いんだろうなぁとは思ってたんだよね。
販売しないで飼うことにしたのは、販売したらめっちゃ飼育が大変だろうな、と思ったんで^^;
実際大変だし。

ついでに言うと、上の画像を撮影時点で結構な重症。
入荷個体の世話で忙しく気付いてやれなかったんだが、全ての手のひらの皮が剥けて左手は腫れ上がっている。
脱水と貧血も起こしていたと思う。
ぱっと見た感じ、重症患者には見えないでしょ^^;
こう言うところが怖いんだよねorz

現在パンサーだけで70頭前後(チビがちこちこ生まれているんで^^;)
個体チェックしてなるべく早く小さな変化を見つけられるようにしてます。

例えば脱水といっても個体によって治療法は違います。
申し訳無いのですが、ご相談頂いても最低限の助言しかできません。
私は個体を見ながらケア方法を変えていくんで^^;
顔色が悪いなぁとか、ちょっとぉ!今日の貴方、お肌の張りが悪いんとちゃう!?とか←あほ

カメレオンとひとくくりにしても、これに個性が加わります。
性格や体質によっても治療法は変わるんで、カメレオンの治療は100頭いたら100通り。

ただ処置をする上で、やはり必要なのが薬。
なので、ご相談を受けた場合、爬虫類を診られる動物病院に行って下さいとしか言えません。
どんな治療をするにも、私は病院で処方してもらった薬を元に行ないます。
(あ、例外がひとつあった。ワセリン^^;脱腸した個体に使った)

先週の定休日、私も田園調布動物病院に行ってきた。
下道と高速道路を使って行きは片道2時間弱で、道が混んでいると3時間掛かる時も^^;
今回は検便がメインだったんだけど、新しく処方してもらった薬が何だか面白そうな(笑)
違う用途にも使えそうなんで、今からちょっと楽しみだww

基本私は治療オタクなのかもしれない。
元気の無い個体がバリバリに立ち上がると、何と言うか達成感というか、勝利感というか。

やってやったぜ(にやり)

みたいな?

って、全部救えるわけじゃないんだけどねorz


今後も良い個体を販売できるように頑張らせて頂きますんで、宜しくお願い致します^^


ポチよろちく(o^^o)
にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ


****** Crazy Geno *******

東京都武蔵村山市三ツ木3-31-20
TEL 0428-43-2588
営業時間 15:00~20:00
定休日 火・水
HP:http://crazygeno.web.fc2.com/

****************************

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2015/03/03(火) 02:08:50|
  2. カメレオン
  3. | コメント:2
<<今販売チューの個体をちょこっと。 | ホーム | 珍カメレオン達その後>>

コメント

まさにその通りですな…飼育と治療の基本は観察眼…と経験だと思います(苦笑)
  1. 2015/03/05(木) 14:00:21 |
  2. URL |
  3. SodoM #-
  4. [ 編集]

(^◇^;)

毎日見ることで、かなりの確率で健康管理出来るのがカメレオンですね^ ^
あとは病院なのですが、以前より増えたとはいえ、まだカメレオンを診てくれる病院が少ないのが残念です。
  1. 2015/03/20(金) 04:51:20 |
  2. URL |
  3. 酔っ払い店主 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード