日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

アンキフィーとサンバーバ

何か疲れたんで、ファームの床に座布団敷いて寝転がって仮眠。
したらトイプードルとマルチーズのミックス犬コロが、ぴったり私の体に寄り添って寝たは良いが、ファームの中は暑いんでハァハァ言い出した。

そんなに暑いんならくっ付いて寝なきゃイイじゃねぇか(汗)

ぶっちゃけこっちも暑い。
しかも耳元ではぁはぁ言われると眠れ……無いわけない。
寝てる間にケージの照明も消えて室温が下がったお陰で、コロと一緒にぴったり寄り添ったまま2時間ほど仮眠することができた。

しかしこの犬、ほんと甘えん坊だ。
余りにも全身をくっ付けてくるんで、寝てる間に私が無意識に体をずらしているらしく

夏なんかだとベットのど真ん中で犬が大の字で寝て

私が壁に体を寄せて端っこで寝ていた……という事態も多々。

子猫と寝たりフェレットと一緒に寝ていた経験から、寝てても生き物優先が身についているんだよ(涙)


パンサー近状。

画像はアンキフィー。

20130214

アンキフィーの港から上の個体は基本蛍光グリーンだ。
まぶたに放射模様はあるが、基本ほとんど目立たない。
ふちが赤いのも特徴かな?
現地で興奮すると腹の下からイエローが乗ってくるが、フル発色になってくんないからどんな色になるかわかんねぇ(汗)
多分イエローになると思う。

フル発色になってくんねぇ~~という悩みを抱えていた個体に、昨年10月に入荷したシッパー手配のサンバーバがいた。
若過ぎて闘争本能なしなやつらが、ようやく成長してオスとしての本能に目覚めてくれた。
当方秘蔵っ子として隠していた個体。



イエローにレッドバーのサンバーバ^^



イエローにレッドッて鮮やかっしょ?



顔も赤い。

先日ようやくメスが発情してくれて、なんとか次代の希望が持てた。
サンバーバのメスってさぁ、他産地より発情が読み辛くね?
これ色彩に関してなんだが、サンバーバは色彩より雰囲気を読み取らないと発情期が判らないorz

昨日ようやくそれがわかって、2頭2系統の交配に成功。
気づいた切欠はメスの向かい側で飼育していたアンキフィーのオスが、みょーに発色していたからなんだが。
もう一系統がこのオス。



今現在、うちの番長。

気持ちだけだが(汗)

現在サンバーバは販売可能な個体います。
処女メスも3頭ストック。

上記オスも販売中。
価格はペア¥130000~140000。

メスはもうそろそろ発情しそうかな。

よろちく。


拍手米返信

>Tさん
アンキフィーの港から上の個体は顔が赤くありません。
ただ体色は興奮時には多分イエローになると思います。
現地でちょっと怒ると腹の辺りからじんわりイエローが乗ったので^^;
グーグルアースで道を調べたら、もっと奥があるようです。
そこまで行くとどんな個体群になるのかなぁと。次に行く時にはそっちも行ってみたいと思います。
個別ケージは理想としてはまだまだなのですが、そういって頂けるともっと頑張ろう!と元気がでます^^
生息地がとても良い環境とは言い切れない地域もありますが、だったら現地より良い環境にしてやって最高の状態にしてやろうじゃないか!とか(笑)
特にアンビルベは……ね(遠い目)





にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/02/23(土) 21:53:20|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

アンバンザからアンキフィーの港に向かう途中で採取した個体

生体の状態がようやく安定してきた……かなぁ(汗)
死ぬ個体は死んだとも言えるんだがorz
現在当ファームには150頭前後のカメレオンがいる(と思う)
パンサーは多分40頭くらいかなぁ(数えてないからわからん。つか、それどころじゃ…orz)
2便目の個体はようやく脱水が収まってきたんで、もうちょい太れば良い発色をしてくれると思うよ~。

んで2便目のアンバンザからアンキフィーに向かう途中で採取した個体。

20130211

この個体は興奮すると体が真黄色になって紺のバンドがくっきり浮かぶ。
アンキフィーともアンバンザとも違う何とも不思議な表現系だ。

紺のバンドが独特で、個人的には好きな個体群だ。
顔の感じはアンキ系でシャープ。

んでこの個体の撮影をしようと肩に乗せてたら

201302113

なんでお前はそう血の気が多いんだっ!
昨年10月に入荷したサンバーバ^^;

普段は物凄く人間にフレンドリーなやつなんだが、カメレオンには厳しいやつだ(当然なんだが)
ちなみにこやつはスタッフがケージを掃除していると肩に乗って、他の場所の掃除に入ってもそのままでいるというスタッフお気に入り個体だ(笑)

おまけ

昨日は定休日だったんだが、勿論私は生体管理のために店に行く。
が、店が休みの日の1日は、前日にタイマーからコンセントを抜いて照明が点かないようにしている(なるべく週イチは思いっきり寝倒す)
なもんで店内は真っ暗なんだが

店に行って店舗照明を点け店内を見たら、売約済みのノシベのケージの扉が開いていたっ!
マジッスか!?
中にいなぁ~~~い(焦)

慌てて気配を探るも見つからない。

が、やつは非常に頭が良くちゃっかりした性格だ。
もしかして……と、そこを見たら

201302114

いたよ……。

コオロギのケースの上にorz

つかさぁ、お前昼行性だろう?
なのになんで真っ暗なのにそこに移動してんだ?
もしかして前日にはもう既にその場所に居たんか!?
いや、居たに違いない。
そうとしか思えない。
ちゅーことは、前日からコオロギ食いまくりだったってことか?

私が見つけた時にはもう既にコオロギを口に咥えていた。
その後さらに3匹食っていた(汗)

もうお腹いっぱ~~い!

と腹をよじっていたんで、そのまま丁重にケージに戻した。

このちゃっかりさんめっ!と、苦笑いしたのは言うまでも無い。



拍手米返信再開

>Tさん
あの個体は臆病で、店ではずっと物陰に隠れて黒っぽくなっていましたが現地で物凄く青かったんですよ^^
当店の方針>店主はセールストークはしない(口下手なんで orz)
カメレオン自身にアピールしてもらいましょう(丸投げ)
ですがあのべジオフォはアピール下手でした(笑)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ





テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/02/13(水) 02:33:01|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

アンバンザ・べジオフォ。

ただ今クリーパーの原稿準備をしとります。
次号はカラーページ4枚に、今まで撮り溜めた画像を数十枚コメント付での掲載です。
カメレオンの画像もですが、その他おもしろ画像など、真面目なクリーパーさんには大変申し訳ないと思える笑えるネタ満載で行こうと企んどります(オッケー頂いたし/笑)
白黒ページのマダガスカル通信も連載パート2。
カラーページに連動したネタで書かせて頂きます~~。

どちらもこれから写真選別して書くんだが。

ちなみに締め切りは来週だ(・∀・;)

マダガスカルを身近に感じてもらえるようなネタになるよう頑張りますんで、ぜひ宜しくお願い致します!


画像はアンバンザ・べジオフォ。
ちなみに現地での発音では『べジフォー』
『オ』は発音しない。

20130207

アンバンザの町から北に向かう国道沿いの村で捕獲した個体だ。
ただこの周辺、アンキフィー系の蛍光グリーンを持った個体も多い。
まぁ近い場所だから中間表現の個体がいてもおかしくないわな。

壁があるわけじゃないし(汗)

この辺で表現系が固定されている個体群はアンキフィーくらいかも。
アンキの画像はまた後日。

201302081

おまけ。
スジへラオヤモリ。
雌雄がちゃんと届いたが、メスが総てオスより小さめ。
ただどの個体も餌食いが良い。
まだ少し脱水気味なんだが、まあこの餌食いなら直ぐに治るっしょ。



にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/02/10(日) 04:13:29|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

マダガスカルでの食事

久々のマダガスカル紀行。
今回はマダガスカルでの食事について。
向こうに居る間にメモ帳に書いてたのをそのままアップ(wifi無かったんでアップできなかった)



これはエア・マダガスカルの機内食。
けっこう豪華(笑)
フィッシュorチキン?と聞かれるんで、私は必ずチキン!という(共食い)
豚肉牛肉は宗教上引っかかることがあるんで、この2択が無難なんだろう。
おかずの下はご飯だったりヌードルだったりその時々。
ヌードルはお湯吸って伸びたカップヌードル醤油味みたいな感じ(笑)
味は濃いんで不味くは無い。
というか、私はのびたカップメンが好きなんで、むしろ好きだ。
パンはおかわり有り。
チーズとバターが付いてくるんで適当に食って塗って。
食った後は白ワインがぶがぶ飲んでひたすら寝る。


今までマダガスカルでの滞在先は、安全面を考え観光客がメインで泊まるリゾートホテルにしていた(日本円で¥10000~¥14000くらい)
現地での事情にも不慣れだったしね(日本人は警戒心が薄いからねぇ)
そういったホテルにはレストランがあったんで、食事はそこで済ませていた。
フランス料理をマダガスカルの食材でアレンジしたもので、メインディッシュだけなら20000arくらい(約1000円)
基本私は量が食えないんで、メインだけで十分だ。

がっ、今回は20日間にも及ぶ長丁場。
その上現地スタッフを雇ったり、シッパーからスタッフを借りたりで結構な出費。
人件費だけで数万だ。
それにドライバー付きレンタカーや高速ボートのチャーター。
過去最高出費prz
なもんで削れるのはホテルと食費だったんだな。
あとはまぁ、いつもよりスタッフとの同行が長い分、少しでも親睦を深めたかったんで、できるだけ皆と同じものを食べて話をしようと思ったってのもある。
(北行きだけでアンキフィーまで片道2日で4日間車で移動。+採取日5日の計9日)

ホテルは外国人も使うが現地の人も使うところにした(とはいえ現地人でも裕福層しか使えないレベル)
食事に関しては、今マダガスカルは日本で言う真夏に向かっている。
そのため汗だくになって採取で動き回るともう食欲なんか湧かない。
1日1食で十分だ。
朝食付きホテルの時はたまに食うが(パンに玉子焼きにコーヒー)、夕食だけで十分。
昼はスタッフがメシ食ってる席で、私はビール1本で済ます(燃料)
一時本気で体調悪くて、ビール1本飲めなかったらスタッフに驚かれたと言う話も(笑)
いや、そん時さぁ、アンキフィーの港の小さな食堂で晩飯食ったんだが、肉料理の油にあたって物凄い下痢ピー。
向こうの油は日本みたいに新しいものじゃないんで、油モノは要注意。
日本人が腹下す確立が高いのは、実は油モノなんだよね^^;
後は量が多いんで食い過ぎかな(切実なるアドバイス。無理して完食するのはやめましょう)



マダガスカルの食堂での基本的メニュー。
ご飯にトマトやココナッツスープで煮込んだ豚肉や牛肉、魚や鳥肉のスープ。
(魚料理は内陸だと丸まるの小さめ川魚。海が近いと肉厚なぶった切り海魚)
豆を一緒に煮込んだのもあったな。
どこの定食屋もこのメニューだ。
(たまにリブ牛のステーキセットもあった>¥3000ar)
肉を食べつつスープをご飯に掛けて食べる。
おかずが1品?と思われそうだが、味付けが濃厚なんでこれだけで大盛りご飯が食べられる。
野菜スープは店によって。
大体2000~3000ar。
ホテルで食べる10分の1の価格だ。
コップに入っているのはご飯を炊いた後、鍋に残ったおこげに水を入れて沸騰させたお茶。
鍋も綺麗になるし美味しいお茶になるしで一石二鳥(笑)
マダガスカル人の多くはこのお茶が好きみたいで、スタッフも必ず頼んでいた。
残念ながら私は食事だけで腹いっぱいなんで、お茶を飲む余力が腹に無かったため飲んでいない。
(つか、最初からご飯を半分にしてもらっておいてこの始末/汗)

同行したスタッフからの言葉。

次に来る時は、もっとご飯食べられるようにしましょうね^^

うん、頑張るよorz
それでもさぁ、あれでも結構頑張ったんだよ。
日本人って燃費良いんだなぁと、マダガスカル行くと本気でそう思う。
が、タナの家では結構食えるんだけど。
昼食べて夜も食える。
気持ちの問題か?



これは牛の内臓をトマトソースで煮たもの。
スタッフお気に入り。



これは鶏肉をココナッツソースで煮たもので、私はこればっか食べていた。
マイルドなんだが味が濃く、ものすごく美味しい^^
鶏肉の部位は時間によって変わる。
早い時間(昼)だと肉が結構付いた胸肉や太もも。
夜遅くなると肉が削げたふともも(要は余りモノ。私は大抵夜食一食なんで、肉がほとんど無かったなぁ)
アンバンザの町の外れにある定食屋だったんだが(ホテリーと書いてあるのが定食屋)他の店より綺麗で清潔だった。

fc2blog_20130201153754119.jpg

fc2blog_20130201153815f6f.jpg



その辺で食うと店の中がハエだらけで、食っているとハエがメシに集ってくる。
テーブルに散らばった米粒やゴミなんかは床に払い落とされてたりするんだが、その店は床も綺麗で調味料も新鮮できっちり密封。
美味しいのもあったが、衛生面でも私はこの店が一番気に入った。

が、その分価格が高く、アンバンザの町の中心部なら2000arで済むが、この店は最高値の3000ar。
スープの量は他の店より多かったけどね。
アンバンザに居る間、スタッフ達はこの店を使ってくれたが、もしかしたら私のために気を使わせてしまったんじゃないかなぁとちょっと申し訳なく思う。
(食事は日当に含まれているんで、各自自分で支払う)

ちなみにアンバンザの町は、停電と断水が当たり前。
1日に最低2回は停電する。
特に夕方。
ホテリーで夕食食って、スタッフと談話してたら行き成り電気消えたっ!
したら周辺から陽気な歓声が(笑)

ひゃっほ~~、今日も消えたぜぇ!
みたいな?

消えても誰も気にしない。
こっちも2日目くらいには、おっ、きたかぁ。程度(笑)
テーブルに置かれた蝋燭に火が灯され、ゆらゆら揺れる炎を見つつまったり。

当たり前に電気があるってのは、物凄く幸福なことなんだね。
ついでに言うと蛇口からお湯が出てって、どころか今回は水が出ること自体が有難いと思う事になるとは思わんかったよ(汗)
アンキフィーのホテルは午後5時から10時の5時間しか電気が使えない。
近所の小さな発電所がその時間だけ稼動する(機関車みたいなデッカイ機械が2台動く)
シャワーは水。
だがしかし、気温が高いんで結構慣れる。


おまけ
南やタナに滞在している間は知人宅で食事をご馳走になっていた。
貧乏旅だった私に、栄養のある食事を沢山食べさせてくれた!
本当にありがとう!

で、私念願のカキ!
次にマダガスカル南部へ戻ったら山ほど食べるんだぁぁぁっ!と決めていた夢の光景(笑)
南部は海産物が新鮮なのだ。
これでバケツ1杯分くらいかなぁ。
前日に漁師さんに頼んでもらって、朝採れたてのをバケツ2杯持ってきてもらった。
1キロ2万アリアリくらいだったかな?
価格は忘れた^^;



ビールと白ワインで宴会だ!
カキには白ワインが一番なのだよ。
アルコール消毒の意味も兼ねて(タナの両親の教え。カキ食う時は白ワインは必ず飲め!)


南からタナの家に帰る時に、お土産に牡蠣や海老、カニを持って帰った。
そして悲劇が(またか)

カニの逆襲にあったorz
挟まれたらふつーに爪に穴空くくらいデカくて危険なカニだったんで、買った時にハサミを処置してもらっていた。
なもんで安心して掴んだら……がっつりヤられた(涙)
流血するし痛いわで泣が入った元旦。

が、アレ、処置してあったからその程度で済んだんだろうな。
漁師さんの指先は凸凹になって凄かった(;^_^A


ちなみに私を流血させたカニは、直ぐにメイドさん達の手によって釜茹での刑になったとさww

美味かった、ご馳走様(^人^)

何より、タナの家族が喜んでくれたのが一番嬉しかった^^




にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ




テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/02/08(金) 20:50:28|
  2. マダガスカル紀行
  3. | コメント:0

アンビとマジョールカーペット

販売個体をなかなかアップできずに申し訳ない!
何というかこう……現地での発色を見ているんで、まだまだこんなんじゃ駄目だぁぁぁ!
みたいな?
なもんでカートに載せられないが、ここになら途中経過を載せちまおうっ!とお気軽に(笑)
これは前回入荷のアンビ。

201302043

絶好調になるともっと幾つもの発色を見せてくれる綺麗な個体なんだが、撮影しようと手に乗せると途端に色彩が落ちてしまうorz
ご来店下さった方が皆さん綺麗ですね~と仰って下さったが、販売に繋がらなかったのにはワケがある。
実はこの個体、左足のヒザが思いっきり腫れ上がっていた。
シッパーでのキープ中に怪我したと思ったんだが、現地で捕獲時に撮影したこやつの画像で

野性下でもう既に怪我して腫れていた(シッパーさんゴメン)


証拠画像。
ひざぷっくり(汗)

20130205


んで今日撮影するために見たら

うわっ!ヒザ治ってる(汗)

まだ微妙に膨らんでるが、入荷時に比べたら物凄くマシな状態だ。
野生下より日本に来て調子が上がった個体の1頭にこやつもいる。

2013040

こやつもアンビルベ。
現地で捕獲時に撮影したものだが、脱水で目が落ち窪んでいた。
が、うちに来てから治療して、今じゃ目の窪みも無くなった。
ちなみに捕獲する時に心の中でつぶやいた言葉。

日本に来れば水も沢山飲めるし、エサの心配もないぞ~~~!

その代わりに自由は無いけどな(汗)

幸福論は語るだけ無駄なんで(答えなんざねぇ)うるおって太ってもらうことにする(・∀・;)

201302044

これもアンビルベ。
現地では痩せていたが、日本に来て少し太った。
が、まだまだ本調子じゃない。

マダガスカルに行く前は、現地でのカメレオンは皆潤って太っているんだろうと思っていたが、実際に現地に行くと季節によってカメレオンも過酷な状態なんだなぁと知った。

特に12月頃だとまだ完全な雨季ではないんで、生きることはできるが十分な水量が無いんだよね。

んで南部で捕獲したマジョールカーペット達。

201302042

これ雌雄。
ほんとアンタナナリブで捕獲する通常のカーペットと違う。
今回の個体は季節柄若い個体ばかりだが、ライトグリーンに青が乗って綺麗だ。

20130204

オス。
実物はもっと綺麗だよん。

201302041

メスは妊娠カラーになってもグリーンが基調で、タナの中央高地型の黒基調とは違う。
ちなみにアンタナナリブから南下したフィラナンティアの個体もグリーンが基調みたいなんで、タナから南部に向かうとマジョールといわれる個体群になるのかもしれない(実際に調べてないからあくまで憶測)

現状で見る限りでは、通常のカーペットより若干協調性があるかなぁ。
あとタナの個体より高温に強いと思う。
生息環境の気温>40度近くまで上昇。
タナは夏でも30度前後。

森林地帯ではなく草原(つか牧草地なんだが)に生息してたんで、適応能力はかなり高いと思う。

マジョールはシッパーで4週間キープされていたんだが、同期間キープされたブルースパイニーより断然状態が良い(それでも脱水酷かったが)
立ち上がりも早く死亡個体も少ないんで(25頭預けて生存18頭。許可証数20頭。死着1頭の着後死亡1頭。2頭がタナのメスで補充されていた)丈夫と言っても差し支えないレベル。

まだ若い個体ばかりなんで、立派にデカく育てる楽しみがあるよーん(o^^o)




にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ








テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/02/05(火) 04:48:32|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

入荷個体のケアが忙しい^^;

1月18日に入った個体が落ち着いてきたかなぁと思った途端に次の便入荷。
今回の個体はスパイニーの調子が特に悪い。
採取してから預けて2週間更にその後発送が伸びて2週間で計4週間(本当は私がマダガスカルにいる間に発送予定だったんだが)

乾燥系のスパイニーは流石に強い。
気温50度近くで湿度20パーセント以下なんて環境にいるからね。
かといって高温でなけりゃいけないってわけでもないから(キープしてもらってたタナは高地で気温が低い)
スパイニーの中でも特に飼育し易いかもしれない。

逆にレッドトップブルースパイニーはスパイニーの生息地の中でもかなり特殊だ。
パンサーとほぼ同じと考えて良いくらい。

脱水やエサ切れに弱い上に体がデカイ(そんだけ生息環境が良い)

ダメージ大orz

うちに来てからも大型の個体が結構死んでいる。
若い個体(それでも乾燥地のアダルト個体と同じくらいなんだが)は何とかマシかな(汗)
あとメス。
極力卵がまだ小さい状態の個体を選んで捕獲したが(今の時期処女メスはほとんどいないからね)
入荷が伸びた間に卵が育った上に生み時逃して死ぬパターンが多い。

うちでケアしてゆっくり生ませる予定だったのになぁorz

しかも生み時逃した卵って卵殻が厚くなっていて、死亡個体から取り出しても給水が上手くいかないから駄目になるのがほとんど。

治療中のパンサーカメレオン。アンバンザ>アンキフィーで捕獲した個体。

201302021

脱水が酷くて治療してるんだが、抑えたらメチャクチャ怒って私の親指の付け根にがっぷり噛み付いた(涙)
場所が場所だったんで流血こそしなかったが、歯形がしっかりできたぞっ、こらっ!
んで怒ったんで血行良くなって発色(汗)
死に色じゃないことを願う、マジで。
そんくらい状態が悪い(涙)

栄養面よりも脱水なんだよね……。

以前ここに載せた黄色いアンキフィーはその後死亡したし(ご来店頂いた方には多分死ぬと思うから販売出来ないと説明しましたが、やっぱ駄目だったorz)

今日は午前3時近くまでカメレオンやその他の爬虫類の治療してた。
カメレオンは30頭ちょいで、ガリガリで届いたマソベとかにも流動食やったりと手間が掛かる。
とはいえ、この苦労も調子が上がると報われるんだけどね。

うおっしゃぁぁぁっ、やってやったぜぇぇぇぇっ!ってな感じ?

その一例。

カンパニー。
半数以上が死着。
残ったのも脱水が酷く瀕死多数。

201202023

このメスは一時目も開かなく、頬もゲッソリしていた。
治療して今じゃ元気にコオロギばくばく食ってくれている。

201302024

このオスはちょっと脱水気味だったが、1回の処置で元気になったつわもの^^;

オス1のメス2。

しっかり立ち上がってます(1月18日入荷個体)

立ち上げ済みトリオ(3頭)販売価格¥100、000。

現在マンテラを飼育していたビバリウムで飼っています。

マジョールカーペットはほとんどが脱水で頬がこけているが、瀕死の1頭が死んだのみで後は快方に向かっている。
2日間は全員治療したが、餌食いが上がったんで今は治療せずに自己回復してもらうことにした。
とにかく食う。
だからエサ代が……orz

現状での販売価格はペア¥49800

通常入荷のカーペットとは明らかに違います。
(メスの妊娠カラーも独特で、オスは青味が強い)
捕獲した場所も言えるぞ~~~^^

まだ若い個体ばかりなんで、処女メスがほとんど。

ご質問頂くひとつに、マジョールって通常のカーペットより大型になるんですよね?というものがあるが

フルサイズを現地で見てないんでわかりません(・∀・;)

としか言えないな!

今居る中でも一番大きなオス個体は、タナのカーペットのオスと同じくらいだし。

実際に現地で見たことしか言えないんで、この辺はご容赦下さい~~~。

許可証確保できたら、3月か4月にまた現地行って見てくるよ(つか戻りたい)



そんなこんなで、まだまだ立ち上げが必要な個体が多い。
今日はメール返信再開できるかな?と思ったが、結局この時間になってしまい断念します。

とにもかくにも、日本に届いた個体たちの立ち上げを最優先します。
良い個体を販売できるようにいたしますんで、是非よろしくお願い致します。


チューわけで、今から寝ます~~。
つか寝たいっ!!


にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ






テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/02/03(日) 05:11:30|
  2. カメレオン
  3. | コメント:6

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード