日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

第2弾マダガスカル便入荷!

遅れに遅れていた自家採取の残り分がようやっと入荷しました!

入荷個体をとりあえずメンテして、終わったのが午前2時orz
そんなこんなで

本日31日と2月1日は
入荷個体の調整のため臨時休業致します。


生体をじっくり管理したいというのもあるんだが、私自身が結構キテたり(汗)
17日にマダガスカルから帰って18日に第一弾入荷。
そっから突っ走り続けて流石に体が追いつかない(年寄りだしねぇ>遠い目)
過労で左目まぶたにものもらいできて、腫れ上がって地味に重痛い(涙)

ついでにいうと今回入荷の個体は、パンサー以外はほとんど要治療orz
軽い脱水と栄養失調の個体は1~2週間でどうにかなるが、頬がげっそりの一部スパイニーはひと月ほど掛かりそうだ。
マジョールカーペットも要治療だが、症状の軽い個体も多いんで早く販売開始できそうだ。

ざっと今回入荷個体の画像を

20130130

パンサーカメレオン 
アンバンザからアンキフィーの港に向かって数キロ地点で捕獲した個体群。

20130131


顔はアンキフィー寄りで、青味の強いアンバンザ・べジオフォよりアンキの蛍光色の体色に近い。
メスは残り1頭(2頭捕獲)

201301303

一見してアンカラミー。
だがしかし、実際に捕獲したのはそれよりずっと手前のMAROMANDIAという場所。
地図で見ると近いが、実際に走るとかなり離れている。
オスのみ2頭入荷(国道を横断してた/笑)

2012301301

以前にも入荷したレッドヘッドブルースパイニー。
メスの数は少ないが、ペア取りもオスのみ販売も可能です。

201301302

乾燥地の白いスパイニーAnkapoka(アンカプカ)
雌雄比忘れた(汗)

201301304

同じく乾燥地のスパイニーRanomalanga(ラノマインティー)
これも雌雄比チェックしてない。

他アンジュラマンガ

パンサーは各¥80000

今回シッパーで体調不良や死亡した個体がいた場合に、ノシベの個体で補充と言う約束になっていた。
2頭のオスがノシベで到着。
この個体に関しては産地保障できないんで、1頭¥50000(フルサイズ。鑑賞するだけならオススメ)
ノーマーキングメス1頭(アンキかべジオフォ)¥40000

その他生体。

オイランスキアシヒメガエル(小さいサイズ)
ゴールデンマンテラ
スジへラオヤモリ(ペア取り可)
セアカマンテラ
マソベササクレヤモリ(立ち上げ中)

前回入荷個体で近日中カート更新

スパイニーカメレオン(チュリアラ<シッパー取り寄せの産地がわかる個体)
ヤングの小さめグリーン¥6000
     ブルースロート¥10000
ヤングアダルト~アダルト(グリーンタイプ)¥10000
            (ブルースロート)¥14000(目まで青)

ウスタレカメレオン(アンタナナリブ)1頭¥10000

パンサーはほとんどの個体がかなりイイ感じになっています。

んで私が一番気に入っている個体。
ウスタレカメレオンBEVAHO
ものすげぇデカかくて、ものすげぇ気ぃ荒い(笑)
シロっぽいんじゃなくて白いウスタレ。

201301300000

実物見たらそのデカさと綺麗さにびっくりすると思うよ^^;

スパイニーとマジョールカーペットの価格は後日お知らせさせて頂きます。

これからシッパーに死着の報告やらなんやらしなけりゃならん。
メール返信その他遅れています。

大変申し訳ありませんがもう少々お待ち下さい。

当店のモットー。

生体管理が最優先。

だから商売にならんのだがな~~~(アホですorz)


よろちく。


にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ




テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/31(木) 04:20:31|
  2. カメレオン
  3. | コメント:4

カーペットとカンパニーの価格

マダガスカルに預けてきた残りのカメレオンの発送がまた伸びたorz
経由地の気候に問題が出て、航空会社が生体の輸送ができないとの通達。
スパイニー3産地とマジョールカーペット。
それと3産地のパンサー(涙)

アンカラミーじゃないピンクパンサーとかもね(遠い目)

シッパーさんが生体管理には万全を尽くすと仰ってくれてるんで、到着を気長に待つしかない。

これから他のシッパーさんにメール返信しなけりゃならないから取り急ぎ。


カーペットカメレオン(アンタナナリブ産)1ペア ¥19800
カンパニーカメレオン 1ペア ¥49800
マダラスキアシヒメガエル 1匹 ¥2000

パンサーカメレオン
アンバンジャ(べジオフォ。ペア販売は1ペアのみ)
アンビロベ(レッド系。メスは1頭のみ。メス単体販売は不可ですが、オス単体はあり)
アンキフィーオス(メスは春頃採取予定)
アンバト(オスのみ。メスはペア販売済み)

各1頭 ¥80000

パンサーは時期的なものもありメスの採取が非常に少なかったです。
その上2頭がマーキング外れて産地不明で到着。
妊娠カラーなんで、産卵して孵化した子供が色出したら産地が判明と言う長い話だ(汗)


んじゃ翻訳ソフト駆使してマダガスカルに返信してくる~~~(眠い)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ





テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/23(水) 05:29:27|
  2. カメレオン
  3. | コメント:2

アンキフィーって凄いな^^;

あ~ようやっと海外への返信メールが終わった(涙)
生体管理して自宅に戻ったのが深夜1時半。
それから英文翻訳&作製して終わったのが午前4時半だよorz

今海外とのやり取りが3件。
日本語ならもっと早いんだけどなぁ。

つか対面してタブレットPCでつたない文章で会話した方が、よっぽど真意が伝わる。
ボディーランゲージってスゴイねぇ。
身振り手振りの方が言葉よりもこっちの言いたいことが伝わるんだよ。
某戦場カメラマンがオーバーアクションなのも、実際に海外に出るとうなずけるものがある。
言葉は便利なツールだが、それが使えない時は表情とアクションだ!!

ちなみにパンサー採取の際に、自動小銃抱えた軍警察の職質受けた時に両手に掲げたのは、許可証と温室時計と土中温度計だ(・∀・;)

えっ!
だって現地データ集めてたんだよね。

違法行為はまったくしてなかったんだが、北でパンサー採取してたドイツ人がトラブッて銃殺されたんだとか。
事前にそういった話は聞いてたから、最初っから無条件降伏(笑)
現地ガイドが対応してくれたんだが、中々らちがあかない。
なもんで私が車から降りて事情説明しようと思ったら、拳銃を腰に下げた軍警察官が

いや、事情はわかったから、だから車から降りないでも良いですよ。と。

パスポートで国籍確認していたから、尚更車から降りられたら困ると思ったのかもしれない。


マダガスカルでの日本人の認識。
無害で優しい(逆を言うと絶好の鴨)
何かあると面倒臭い(攻撃的では無い人種なんで、何かあった時の言い訳に無理がある。例えば相手が先に攻撃してきたから自己防衛の為に殺したとか)
私はマダガスカルで人種を間違われた事がない。
なんで日本人と判るのか?とマダガスカル人に聞いたら、日本人は言葉が穏やかなので雰囲気で直ぐにわかると言われた(^_^;)

そんなこんなで今回入荷したアンキフィー。



いやぁ、アンキって真っ黄色になるんだねぇ(汗)
この画像よりも黄色くなってビックリした。



ぎょろりっ、となww



この個体はちょっと体調に不安があるんで現在様子見チュー。
エサへの反応が少し鈍いんだよね(^_^;)

正真正銘のアンキフィーです。
それも大雑把な区分分けではなく、アンキフィーの港から先端部近くに生息している個体群。
逆にアンキフィーの港からアンバンザに向かう方向にいた個体は、別個体群として区別しています。
(中間部にいなかったことと、色調が若干違ったため区別しました)

アンバンザに近い個体群は顔が赤いみたいだ(ベジオフォがそう)

よろちく。

すいませんっ、少しずつ返信させて頂きます~(涙)


にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/21(月) 05:15:16|
  2. カメレオン
  3. | コメント:12

マダガスカル便入荷!

日本に帰って来たのが17日。
生体が入ったのが18日。

帰国してから2時間しか寝てねぇorz

というわけで、さすがに今日はダウンしてしまった。

画像は成田に生体引き取りに行った帰りに首都高で渋滞ハマったトコロ(つД`)ノ



成田に生体が着いたのは昼頃なんだが、まだ慣れない税関手続きに手間取ったりとか(職員の皆さんありがとう!)
届いた荷物を今回初めて税関職員が箱を開けて検査があったりで(輸入状況を見るため)結構時間が掛かってしまった。
職員さんはかるーく検査のつもりだったらしいが、私が早く箱の中の生体を見たかったんで、航空会社の職員さんからバール借りて盛大に箱を開けた(笑)
したら袋から脱走したパンサーとウスタレが眠そうに見上げてきたんで、税関職員さんと笑ってしまった。
いやぁ、元気そうでなにより。



今回届いたアンビルベ。
アンビルベ行ったはいいが、さて、どこで採取すりゃいいんだ!?
と悩んだ挙句(アンビルベっつーても広いからねぇ。街中にはいないし正直どうしようかと)
結局地図と睨めっこして、きっとここにいるはずだぁぁっ!と採取地決めたのは私だったんで、思い入れの深い個体たちだ。
そんでも生息数は多くはなかったけどね。
ただ赤系の生息地だったようで、少ないながらもクオリティーの高い個体達ばかりだった。

んでアンキ。



この個体はグリーンが強いが、アンキの1番端っこの個体はもっと蛍光イエローが基調だ。
アンキ>アンバンの移り変わりがものすごい面白かった。
ちなみにアンキフィーの港を起点に、個体群は別にした。
中間辺りは居なかったんだよね。
だからロカリティーとしてはかなり細かいと思うよ。

今回の生体の公開は20日からとさせて頂きます。
まだ生体の調整が終わってないんで、今日もう一日調整したいと思う。

今回の目玉は多分、日本発入荷のレア産地フルサイズのウスタレ。
オスもだが、メスがめっちゃスゴイのだよっ!
頭胴長21センチの巨大メス。
オスはそれよりデカい!

取り急ぎお知らせでした。

返信その他、もう少々お待ち下さい。



にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/19(土) 15:45:42|
  2. カメレオン
  3. | コメント:2

カーペット採取のハズが何でか

1月2日にカーペット採取に行く前に、有り金を計算してみた。
したらさぁ

780000Arしかないのorz
(ホテル代やレンタカー代除く)

チョーザックリ計算して、¥10000で200000Ar

現地の一般的な月収が180000Ar前後かなぁ(ちゃんとした会社に務めている人で)
約4ヶ月分の月給分もあるじゃんと言われそうだが、シッパースタッフの日当って結構高いんだよねorz
今の残金だと食費を相当切り詰めないと後2週間暮せない(つД`)ノ



そんなこんなで今回の目的地はFlanarantsaoというタナから南下した東寄りの地域で、最終的にはその先のアンカラミナ(地図を車の中に忘れてきてつづりがわからん)という場所(当初は)
とりあえず2日にFlanarantsaoに8時間掛けてついて、その日はそのままホテルに宿泊。
中華系のホテルなんだが、ここ、Wi-Fi最強っ!
今まで泊まったマダガスカルのホテルの中で一番Wi-Fiの速度が早い。
この日は近くの定食屋でマラガシー料理食って就寝。

翌日は午前7時に目的地に出発。
Flanarantsaoからアンカラミナまでは1時間半程度。



こんな風景が延々と続く山間部。
だがしかしっ、木々は無い。
高原地帯と言えば聞こえが良いが、ただ単に森が無くなったようにしか見えないんだが(汗)



途中のドライブイン。
長距離のタクシーブルースなんかの待合所なんかにもなっている。
スタッフはここで昼食。
私は昼飯食わない派なんで、外でヌルいコーラを飲んでブラブラしていた。
フランス人旅行客なんかも数人いた。



街道沿いによくあるコーヒーやお茶を売っている露店。
左側に置いてあるポッドの中に飲み物が入っていて、100~200Arでカップに注いで売ってくれる(勿論その場で飲んで返却)
この他にも揚げパンみたいなのや、フライドチキンもあったりする。
ここではマンゴー売ってた。
今がシーズンみたいで、お土産としてもあちこちで露天販売されていた。



んで最初に見つけたのはウスタレ。
低木や藪、頭上の木の枝まで、とにかくどこにでもいる。
余談だが、元旦にタナに滞在中に知人とカメレオンの話をしていて、この辺にもカメレオンがよく居るんだ。という話になった。
タナのこの周辺に居るならウスタレティーじゃないかな……なぁぁぁっ!?
って、語尾が伸びたのは勿論、視線を感じて目線をやった先にヤングアダルトくらいのウスタレのオスが居たからΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

いや、実はさぁ、マダガスカルでウスタレ見たのはそれが始めてだったというのもあるんだが(4回もマダガスカル来といて)今まさにこのタイミングでって、驚いた。
そんなこんなで今回は2回目のウスタレ。
今までの私の感覚だと、ウスタレって中々見ることが出来ないカメレオンってイメージだったんだが……。



いやぁ、出てくる出てくる。
またしても村の人達に協力をたのんだんだが、カーペットの画像を見せて集まるのはウスタレばっかorz
こんなチビサイズまで。
小さいカメレオンとは言ったが、ここまで小さくありませ~~~ん。・゜・(ノД`)・゜・。



でもなんか白くて面白い。



3頭だけピッキングしてしばらく待ったが、自分で探しても村人が探してもカーペットは見つからず。
仕舞いにはこの場所でラテラリスを見たことが無いという人まで。

早く教えてよ(つД`)ノ

これは本気で困ったと、国際電話でヘルプコール。
カーペットの情報をくれたS氏だ。

したら、アンカラミナの先にある横道入って、北上した場所にある村だよって。
そう言えば、そんな地名を聞いたような……完全な私の勘違い。・゜・(ノД`)・゜・。

その時点で午後1時過ぎ。
日暮れまでにFlanarantsaoに帰りたい。
地図で見た限りじゃ何とかなるかなーと、未舗装ってよりは像の獣道と言った方がしっくりくるような荒地を車でGoっ!
が、走っても走っても目的地に着かない。
1時間半程走った先の村でタイムアップ(涙)
帰る時間を考えるとそこで限界だったんで、駄目もとでそこの村の人達に聞いてみた。
ら、一応いるらしい。
それでもかな~りマレらしい。
しばらく周辺を探していたら、村人がウスタレを持ってきた。
またウスタレか……とガッカリしたが

((((;゚Д゚)))))))

えっ、このウスタレ綺麗じゃね!?



赤の発色すげぇぇぇーーっ



実物はもっと赤い。
下はメス個体。



まだ若いオス。



こんな感じの村。
アンカラミナから17キロほど奥に入った村なんだが、個体が全く違うんでおどろいた。



んで肝心のカーペット。

fc2blog_20130104122400495.jpg

ちっこいのが1頭だけ獲れた(・ω・)ノ

もう今回は綺麗なウスタレを取りにきたと割り切ろう。

遠いし面倒な場所だから、多分誰もほかくしてないと思うよっ!

余談だが、村人に頼んだ個体を買い上げていたら、中のひとりのおっちゃんがウスタレの買取価格が安過ぎると抗議してきた。
が、ウスタレは簡単に捕まるし(村の庭先にいる)価格は決して安くない。
実際にシッパーが買い上げる値段は半分以下とスタッフに聞いた。
どうも欲かいたらしい。
ラテラリスなら倍の値段で買うと言ったら、そのおっちゃん、いきなり態度を豹変させて

自分はこの地区の警官だ。
お前達は許可証を持っているのか!?

とか言い出した(汗)
実際本物の警官らしい。
思う通りに金額交渉出来なかったんで、今度は権力行使に切替えたワケね(笑)

が、甘いっ!

こっちは全部の許可を持っている。
最近こういった嫌がらせが増えているからとシッパーが心配してくれて、必要書類は事前に用意してくれていたのだよ。
おっちゃんに書類を渡したら何度もそれを見直して(あからさまにガッカリした顔で)
疑って悪かった。
今後も良い旅をしてくれと言って握手した後、とぼとぼと帰って行った。
どうも外国人採取者をちょっと脅して大金稼ごうと思ったらしい。
当てが外れてガッカリ感が物凄かった(笑)

うん、基本悪い人じゃなかった。
この程度じゃ(笑)

そんな感じで今回の採取は終了。
今日は片道370キロの道のりを走ってタナに戻る。
明日からは陸路で北にむかう。

ここからが本番だっ!

パンサーの産地を回っていよいよ捕獲だ。
その前にシッパーにあって輸出日の確認せんとなぁ。

北に向かうとWi-Fiはほぼ使えないと思うんで、また更新が出来ないと思う。
出来たらするんでよろちく~~~~!





にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/04(金) 03:10:02|
  2. マダガスカル紀行
  3. | コメント:8

カーペットカメレオンの捕獲、南部最終日。

12月31日南部最終日。
午前4時に起きて荷物をまとめることに。



現在の旅装束(笑)
リュックにカバン、それと干物網を入れたカバンがひとつの計3個。



荷物をまとめてから朝食食って、それから今までに捕獲したベルコッサスを梱包に向かった。
詰めてから今度は前日に村人に頼んだカーペットを引き取りに行くことに。

ちなみにこの時点で、タナに戻る飛行機が2時間遅れとの連絡(笑…うしかねぇ)
これは逆にじっくりカーペット選べると思考を切り替えた。
今回メインに決めたのはこの村。



どうもこの周辺、他の場所より生息数が多いようで、他の村より効率が良さそうだったんで頼んでおいた。



村人達。
村に着いたらもう既に3頭が捕獲されていたが、頼んだのは17頭。
まだまだ足らない。
マジで20頭集まるのかと不安だったが、村の子供達が次々に捕獲して持ってきてくれる。
(でもみんな木の枝に乗せて恐々/笑)
草むらの中をガサゴソ。
どこの地でもカメレオン捕獲の主戦力は子供達だ。
なぜならカメレオンがいる場所って、実は子供目線なんだよね(^_^;)

ベルコッサスも実は子供達が一緒に集めてくれた。
お金とは別にボンボン(アメ)をあげると大喜びしてくれる。
子供達は立派な働き手だ。
大人はちゃんとお金を子供達に分配してあげている。

オス個体。



メス個体。
私の手が傷だらけなのは、ベルコッサスを乗せたからだ(^_^;)
手首周辺はもっと酷いことになっていたが、これを書いている1月2日現在、もうすでに傷は殆ど無い状態(野生児だからな、胃袋以外は)





こやつらも袋に詰めて帰宅準備完了!
よっしゃっ、タナに帰るぞ~~っと空港行ったら、更に1時間飛行機が遅れるってorz
計3時間遅れ。
でもまぁ、もうどうでもイイよ( ̄(工) ̄)
当日中に飛行機が飛んでくれんなら。
数日前にディエゴだったかな?散々待たされた挙句に欠航とかあったらしいから(-。-;

4時半過ぎに飛行機到着。
それまで現地でお世話になった人達がお付き合いしてくれて、楽しい時間を過ごすことができた。
最後はタラップに乗るまでフェンス越しに手を降ってくれて、勿論私もタラップの天辺から大きく両手を振ったさ!
Rさん(Lさん?)、奥様、Mさんや大勢の皆様、本当にありがとうございました!

余談
この飛行機での出来事が後の惨事に……。
機内で配られたカシューナッツを食ったんだが、手を除菌シートで拭かずに食ったら見事に当たった。
自分の指舐めて当たるってどうよ!?
2日ほどゲ$ピー。・゜・(ノД`)・゜・。

もっていた胃薬や整腸剤駆使して、3日目には胃腸が通常業務再開。
は~~油断大敵だなぁ、ほんとorz




にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/03(木) 04:04:15|
  2. マダガスカル紀行
  3. | コメント:0

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード