日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

ブルーゲッコー春爛漫

プライベート携帯が行き成りおかしくなった…orz
かかってくる分には問題ない。
だがしかし、自分から番号を入れてかけようと思っても『ペア設定云々~』と表示されてその先に進めない。
まあいいんだけど。
履歴からはかけられるんで、それだけで足りるんだけどね(極端に人付き合いが少ない)
最悪仕事用携帯からかければいいしっ!
んでそんなこんなであたふたしてたら、ファーム内は相変わらずの春。

080930

ふと覗いたブルーゲッコーケージの中で、がっつり交尾してましたのことよ←何となく語尾が変
元気だなぁ、お前ら。
その元気を少し分けてくれ(マジで)
本当は地面で交尾してたんだが、撮影しようと扉を開けたらメスがオスを背負ったまま逃げる逃げる(汗)
ただそれなりの行為が終わる頃合はちゃんと見計らった(勿体無いし)
マダガスカルヒルヤモリの時も大丈夫だったんで、多分大丈夫っしょ!←根拠なし

今日は今までエボシカメレオンオス用の個別隔離ケージを作成していた。
野外飼育していた連中は一応室内には入れたんだが、室内だとどうしても小型ケージにせざるをえないんで、その分単独飼育する形式にしなけりゃならない。
んで野外なら盛大(大雑把)に掃除できていた分を、賄う為にそれなりの設備が必要…と(生体数多いからねぇ)
とりあえずファーム分の作業は終わった。
これからカメレオン部屋の設備を作成だ。

日常のスケジュール
寝る>ハチュのメンテナンス>事務作業>設備作成
これを延々と繰り返す毎日=すっげぇ幸せだぁぁぁぁ!

何か集団生活を送る生物としては終わっているような気がする orz
コミュニケーション出来てねぇ(今日は誰とも話してないな)

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/30(火) 09:42:02|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

格好イイエボシ

寒いっ!
今日は余りの寒さにパソ部屋にいるのが辛かった(涙)
ファームの暖かさが身に染みる>年中常夏の30度
んで画像は次の種親候補のエボシオス。

0809212

2月に生まれた3系統のオスなんだが、1年経たずにアダルトサイズ。
とはいえ、とっつぁんにくらべりゃまだまだ子供。
とっつぁんは全長43センチくらいあるもんなぁ(その巨漢がビビリ屋で常に威嚇>始末に悪いorz)
一番最初に飼育したのがワイルドフルサイズなもんで、どうにも基準値がずれているワシ。
40cm超えなけりゃフルアダルトとは認めん←頑固
しかしこの個体、完全CBにも関わらずまったく人間に懐いていない…(涙)
画像を撮ろうとしたら、全力疾走された(そんなに怖いか、私が orz←ちと切ない)
まあそのお陰でフル発色の画像は撮れたが(逃げ回ったんで血行良くなったらしい)

この個体は両親が判っているんだが(当時オス3頭が同居)父親似でカスクが高く青味が強い。
3系の特徴は、喉や背中のトゲが濃いオレンジに発色。
1系と2系は余り発色が無く、体色も明るいグリーンが多い。
格好良い個体を種親に残したら、結局3系が多くなっていた…。
体も丈夫なんだよね>3系

0809291

んで3系のメス。
メスでもやはりカスクが高い。
画像だと体色が明るいが、普段は青味掛かった深緑色。
んでこのひと、今のところこの個体だけがカスクのフチに綺麗な黄色が乗っている。
前面はまっ黄色(画像じゃ判り辛いが)
何か面白そうな個体が生まれるような気がする…。

なんか、ものっすげぇぇぇぇぇっ、とっつぁんと交配したい気がっ!
他にもオスはいるんだが、このメスを見ているととっつぁんのイメージが湧いてくるんだよなぁ(ブリーダーの本能)
もう少し成長させて(今でも十分交配可能サイズだが、とっつぁんがでか過ぎる)それから嫁さんにするか。

とっつぁんは人間には厳しいが、同属のメスには優しい紳士(笑)
今んとこ、1枚目画像のオスはヤル気無し。
メスは5匹も同居してるんだがな。
まぁ、まったり行こう。


さて、レオパにエサやってこよう。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/29(月) 05:46:41|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

大工仕事と爬虫類飼育は背中合わせ。

何だか急に寒くなってきたなぁ。
昨年の今頃は残暑が厳しく外飼い連中の世話が大変だったような記憶がある。
今年は蒸し暑かった割りに日照時間が短く、エボシがあまり大きく育たなかった。
半分くらいのサイズだ(汗)
余りの涼しさに9月半ばには高温系の生体は室内に収容(亀とかトカゲ)
パンサーアンバンジャのオヤジさんはもう少し外飼いだ。
カメレオン部屋の作成が進んでないのが主たる事情なんだが、彼の場合は毎年のことなんでまあ大丈夫っしょ。
んで下画像は夜間のみ室内保管にしたパンサーアンビローブベビー達。

0809271
このひとがメス。
来た時は5cmほどだったが、今や立派に10cm弱。
メスのほうがオスより成長が遅いかなぁと思っていたが、期間の差こそあれ、結局現時点では速度が変わらず同じくらい。

0809272
んでオス。
ただ今絶賛脱皮中(笑)
11cmに成長。
色はまだまったく乗ってこない。
ブリーダーさんいわく、色が成長に追いついていないとのこと。
父親は顔が真っ赤な個体らしいので、今後の発色に期待!
しかしお前、覆面レスラーみたいな風情だな。

しかしこの後どうするべぇか(汗)
ファームに収容して高温で一気に育てるのも手だが(本ファームは室温が常時30度)
じっくり行きたいような気がする(何となく)

とりあえずカメレオン部屋を完成させなければ…。
敷地12畳(?)リビング丸々カメレオン専用部屋。
小型種100匹は軽く収容できる設備はあるが、100匹買う金は無い orz
コノハなら買える…かもしれない←言ってて切ない
目下製作中のケージは1500×900×1800と、750×500×500の3段台。
即時稼動可能ケージは900×650×1800と、450×750×1800のケージのみ。

来月終わりくらいになればカメレオンの入荷が増えるだろうから、それまでにはまあどうにかなんでしょう。

んでただ今エボシフィーバー。
50匹ほど孵化。
まだ20以上は孵化予定。
つか、来月半ばにはまた別のクラッチが孵化開始予定なんだが(滝汗)
チビどもの世話にてんてこ舞い(泣)
ブルーゲッコーも次々抱卵のモヨウ……。
オスがとにかく盛りまくってえらい事態にっ!

だーかーらっ、売れないとブリードする嵌めになるんだって orz

その筆頭がエボシカメレオン orz
元の数は12頭くらい。
今どう考えても大小さまざま100頭近くは飼育している(卵入れると200軽く超える)
フトアゴに次ぐ生体数(レオパを超えた)
今うちのファームには一体どれだけの生体がいるんだろう。
ブルーゲッコー、今なら雌雄共に絶好調でっせ!
即繁殖も可能。
アンビローブも、このまま売れなかったらブリードしちゃうぞぉぉ(シャレにならない)

いい加減、アルバイト雇わないと体が持たない(本気で)



>私信
誕生日お問い合わせのU様
明日中にはご連絡させて頂きます。
お待たせしてすいませんです(汗)


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/27(土) 10:17:31|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

撃沈チュー

ここ最近、ちょい色々あってメールの返信が遅れに遅れています orz
お待たせして申し訳ありませんが、もう少々お待ち下さい~~~。

皆さん、いつもありがとうございます^^
  1. 2008/09/24(水) 05:45:55|
  2. 日々徒然
  3. | コメント:0

エボシベビー一気に孵化

なんちゅーか、繁殖シーズンはもう終わりの季節じゃございませんのことよ?←混乱
いや、エボシ達のメンテナンスをしてたら、どこか遠くで『カリカリ』と地面を掘る微かな音が…。
まさかまさかだよなぁと思いつつ、音源のケージを覗き込めば少し痩せ気味のフトアゴメスが一心不乱に地面を掘り掘り(引っ掻いてるだけ)
お前さん、確か春先に産んだはずだよなぁ?と恐る恐る腹を触ってみれば

ご立派な卵の感触がゴロッと(滝汗)

2週間ほど前には、やはり春先に産んだ個体が無精卵ばら撒いてたし。
うちのファームには季節感というものがないのか?
それともエロい空気が濃厚なんか!?
とはいえ、もうそろそろ来シーズンの準備に入らなけりゃな(肥えさせる)

んで以下、ついにキタ!

080920

エボシの孵化開始……。
4月10日産卵の2頭分の卵。
過去日記を読んで見たところ82卵。
もしかして~と当日分のタッパー全部(3つ)を調べてみたら……全部孵化が始まってるよ、おいっ!
いっくら親が仲良く同時に産卵したからって、何も一気に孵化する必要無いだろうよ orz
駄目卵もあるんだが、それでも70くらいは孵化するはず(汗)

収容場所…どうすんべぇか←遠い目

60cmの育成水槽だと20頭ちょいが限界(ランチュウ水槽)
どっかに増設…どこに作るんだ orz

しかし活きの良さそうなベビーだな^^
こうやって一気に孵化した場合、生存率高い場合が多い(うちでは)
来月も再来月も孵化予定。

エサ代…………orz orz orz

エボシの産卵に関しては、多分今月から少し休止。
オスの入れ替えしたんだが、まだ発情までには至らないようだ。
今回孵化分はメスがCBと、まったく違う系統なんで(オスはワイルド>コゾー)
血の建て直しなんかに是非どうぞ。

さて、これからフトアゴケージの掃除して、それから設備の増設だ。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/20(土) 22:10:19|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

難しいな、色々と。

サイトトップにカメレオン写真館を設置。
かな~り昔に飼育していた個体の画像なんかも多数展示しとります。

しかしロゼッタとか懐かしいというか、不思議な光景っちゅーか。
今じゃ絶対見られない個体だもんな。
とりあえずここからもリンク貼っときやす~~。

>カメレオン写真館入り口


080918
台風接近中とのこと……野外飼育の連中、室内に入れるべきか?
それともあえて自然の驚異に晒すべきか(スパルタ)
とはいえ、ホシガメとエボシのベビーは避難しとかなけりゃな。

画像はブルーゲッコーのメス。
最近えらい肥えてきて、首のところにカルシウムが蓄積されてもっこし(汗)
体もズングリ。
カルシウム剤まぶしたコオロギ、バクバク食う。
んでチョロチョロ動き回って実に健康的だ。

基本【隠れる】という考えが欠落したヒルヤモリなんで、とにかく目につくところで好き勝手なことをやっている。
うちではレイアウトなどは一切していないが、多分これ、複雑なレイアウトにしても隠れて姿が見えないなんてことにはならんと思う。
隠れる=陽が当たらない。
彼らにしてみりゃそっちの方がストレスなんだろうな、多分。
0809181んでこのメス、ものごっつ食欲旺盛なんだが、首周りと尻尾が一向に太らない。
その代わり腹だけが膨れて……もしかして抱卵してるかも(汗)
うちに来た当事から全身の痩せ方の割りに腹が膨らんでたんで、怪しいなぁと思ってるんだが、それが益々顕著に。

う~ん、産むんならさっさと産んでちゃっちゃと太って欲しいんだが(汗)
基本持ち腹個体は好きじゃない。
建て直しがめんどいんだな、これが。
ただ一枚目画像の個体も何ともいえない。
実は最初に販売した個体、別段腹に卵が透けて見えてたわけじゃないのに、ある日ポロッと産んだんだとか。
Oさん、お知らせ頂きありがとうございました!
全身がコロッとしてたんで、まさか抱卵していたとは思わんかった(笑)

ブルーゲッコーが熱帯魚のインペリアルゼブラの愁いに会わないとは言い切れないと最近つくずく思う。
入荷当初は1匹25万とかしたんだが、その内値段がどんどん下がって¥2980に。
んがしかし、もともと恐ろしく局地的な生息域だったこの魚。
乱獲もたたり段々入荷が減って、今じゃペア20万近くなんだとか(以上かも/汗)
というか、生息域の川自体が現地開発で無くなるという話を聞き及びビックリした。
これ結構熱帯魚じゃ多い話。
特に東南アジア系の小型魚がなぁ。
ロカリティ毎に個体変異が多いリコリスやら、その他にも植物のクリプト。
こういったものが採取地ごと無くなっていっているという話を聞いて寂しい気分に(次に行ったら高速道路が走ってたなんて聞いた日にゃ orz)

そういえば、パンサーカメレオンでもそんな話を聞いた覚えが…orz

当たり前だと思って居たものが、本当はそうじゃないと気付くのは居なくなってからなんだよな orz
なんちゅーか、もっとこう色々努力しよう orz←最近失敗続きで凹みっぱなし。



>業務連絡
ついさっき気付いたんですが、業務用携帯に数件不在着信マークが…。
こちらから掛けなおすわけにもいきませんので、もしよろしければ後日のご連絡を頂ければと。
あと当方、午後5時以降でないとまず電話には出られません(また完全夜型に…)
朝まで仕事してそのままお昼ほどまで野外作業してから寝るんで、午後は間違いなく深い眠りについてます(汗)
すいませんが宜しくお願いいたします。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/19(金) 02:22:53|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

レオパ祭り開催中

また日が開いてしまいましたが、HPの方は地道に更新。
ショッピングカートのレイアウト変更したりとかしてっ!
結構自信作っ!←自画自賛
カスタムタイプのテンプレートは中々に面白い(手間掛かるが/汗)

んでレオパ祭り開催。

これから少しずつアイテム増やしていく予定。
ハイポ系は最小限を残して放出していくつもりだ。
もともとレオパは遺伝が面白いってことで始めたんだが(元グッピーブリーダー)、数が殖え過ぎたんで初心からかな~り外れた方向に突き進んでしまった。
ハイポはまあ、ふつーにハイポだわなぁ(汗)
なもんで、今後はジャングル系とアルビノに絞ってブリードしてこうかなーと。
ジャングルは地道に続けていたお陰で、かなりおかしな個体がいたりする。
以下その一部。
他にリーバースストライプなんかもいたりする。
080916 0809161
0809162 0809163
4枚目は本当に個人的好みだったり(笑)
もっと綺麗なハイポタンジェリンは居るんだが、何でだかこの系統好きだ(声を大に)
ビルブラントの非ハイポタンジェリンの血を引いているんだよね。
なもんでドットは残っているが、体型と体色が何となくツボ(どこをどうと問われても答えは無い)
ジャングルの方は基本系統の交配では血が煮詰まってしまったんで、来年の交配に頭を悩ませていたり。

固定系じゃないスノータイプかなんかで立て直すしかないかなぁ。
それかジャングル因子同系の異系アルビノでダブルへテロ作るか。
スーパーマックスノーに掛けても面白そうだ(マックスノーは複数いるが、ヘテロ使っても劣勢遺伝だしどうしようもない)
素材はあるから味付け。
カレーピラフに醤油かけると美味いんだな、これが(意味不明)

来年に向けて今から色々考えよう。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/16(火) 08:17:29|
  2. レオパ
  3. | コメント:0

気持ち良さそうだな

0809115
左からパンサーベビー(アンビローブ)・エボシ(ワイルドF1)・パンサー(アンバンジャ)を収容したケージ。
水飲ませて掃除して、んでもってエサやってひと段落。
緑が活き活きしたケージって、やっぱいいなぁ(ほんとに)

もうそろそろかな~り涼しくなってきたが、あとひと月はこのまま野外飼育したいもんだ。

今日はファームの連中を世話した後に、ベランダ飼育の連中の面倒見てたらこの時間に(汗)
体調不備の個体なんかがいると、それだけでえらい時間がとられてしまう。

もうそろそろカメレオン部屋の準備もしなけりゃならんのだがな(遠い目)
屋外飼育の連中を収容する場所を確保しなけりゃならんのよ。

だがしかし、とりあえず寝るっ!
今日も事務作業出来ず orz

5時間は眠りたいんで、これからベットに撃沈>ダイブ
すまんです。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/12(金) 10:39:50|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

モバイルノートのメモリを増設したい orz

0809111収穫の秋です。
キノコとサンマが美味しい季節になりました。
このマツタケもひっじょーに美味そうなんで、そろそろ収穫……。

食えるかぁぁぁっ!!

いや、困ったことにエボシの卵を収容したタッパーの中にキノコがにょきにょき生えてたまらん(汗)
中に敷いているココピートは毎回新しいものを使っているんだが、同じキノコが他のタッパーにも。
これってやっぱ産卵ケースの土に菌が入ってるってことなんだろうか。
卵を発掘しても、丸洗いして収容するわけじゃないからなぁ。
一度リセットするしかないか……。

別に生えてても問題なく孵化するんだから、そのままでもイイちゃイイんだが(何となく嫌だ)

ちなみにこの卵、もうそろそろ孵化予定。
今月か来月には孵るんじゃないかな(緑色が透けてきてるし)
4月11日産卵分は確か2クラッチ50以上あったような……そろそろ育成スペースを増設せにゃ(汗)
0809112
先月孵化したベビー達。
今15頭を半分に別けて、野外飼育と室内飼育で成長差があるかどうか試してるんだが。

どっちも変わらん。

もっとこう、劇的に違ってくるんじゃないかと密かに楽しみにしてたんだが、これといった違いがない。
これってやっぱ飼育機器の進化のお陰なんだろう。
メーカーさんの技術力と努力に感謝感謝だ。

んで近状。
ちとファームで色々トラブル続発で、今週はメールの返信が恐ろしく遅れとります。
今週中には送らせて頂きますので、もう少々お待ち下さい~~!

あとレオパ祭り(?)開催予定。
ベビーサイズを特価で(¥3000~)
ハイポ・アルビノへテロなどなど。
画像撮らにゃ orz



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/11(木) 19:10:41|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

適当にケージ製作

080910パンサーベビー(アンビローブ)の成長が著しい。
今まで特大サイズのプラケで飼育していたんだが、サイズがでかく育ち過ぎたんで新しい住居に移す事に。
なもんで作ったさっ!
幅40cm、高さ50cm、奥行き20cmのケージを!
製作時間30分(・∀・)/
野外飼育用の簡易ケージは適当だから楽だなぁ。
制作費¥500くらい。
しかも好きなサイズで作れる。

まあ多少歪んじゃいるが。
扉が閉まればノープロブレム~~~♪

ちゅーわけで、これから野外飼育の連中のメンテナンス開始。

―――眠い(涙)

ついさっきファームの作業が終わったばっかなんだが……(涙)

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/10(水) 06:52:21|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

ブルーゲッコーの趾下薄板

ようやっと収支決算報告書が上がった。
そのお陰で昨日は撃沈 orz
普段から真面目に書いときゃいいんだが、ついつい面倒なことは後回しに。
駄目だし喰らわないのを願うばかりだ(汗)

ん~で今日のネタもブルーゲッコー。
目下のマイブームなんだよね(笑)
一時期エボシネタ連投だったように、今はこれが面白いんだわ、これがまた。
新発見が続々。
どんな爬虫類でもそうなんだが、とにかく興味を持つととことん観察しまくってしまう。
お陰でかなり色々なことが解ってきたかな(飼育するだけという意味で)
20頭仕入れて現存19頭。
5頭ほど痩せているが、これもどうにかできそうだ。

0809042

最近ちと面白い事に気付いた。
知っている人は『何を当たり前のことを』とあきれるかもしれないが、ヒルヤモリビギナーな私は今頃になってビックリ。
えーと、タンザニア産のヒルヤモリって、尻尾の先にも趾下薄板があるのな。
【趾下薄板】>しかはくばん?←読みわからん
手っ取り早く言うと指先にある吸盤みたいなもの(構造はまったく違うが判りやすく)が尻尾の先にもあるんだな。
画像では判り辛いが、実際には扇状にはっきりしている。
これに気付いた時、丁度マダガスカル産のヒルヤモリとタンザニアデイゲッコーがいたんで見比べてみたら、ヒラオやヘリスジには存在しなかった。
他のタンザニア産は知らんが、とにかくタンザニアディゲッコーには存在した。

080906で、この画像を見ると結構重要みたいだ。
不安定な場所に居るとき、尻尾の先をピッタリくっ付けて保険を掛けている。
尻尾の先がシャクトリムシみたいだ(笑)
この趾下薄板、結構しっかりとしていて、これだけでガラス面にぶら下がる事も可能。
何でこんな構造になったんだか。
進化は環境によって行われるが(つか、消去法かもしれんが)なぜこうなったのかが非常に興味深い。
なもんでついついケージの前でしげしげと眺めてしまうんだな。
これってもしかしなくとも熱帯魚飼いの癖のひとつかも(汗)
体型やひれの形やうろこの形状、そういったもので飼育環境を探ってしまう。
コリドラスなんかだと幅が薄い弾丸形体型だと水流が強い環境じゃないかとか(バルバータス)、ズングリした丸っこい体型のゴッセイは停留した水域でまったりした方が良いだとか(自宅の大型水槽でファインスポット飼育)とにかく体型には意味がある。

爬虫類だと亀のパンケーキ。
あれほどなるほど~と納得できる形状と機能は無い。
んでこういったことを考えると、それがまた面白いんだな。
ちなみにエボシカメレオンの烏帽子は、熱を集めるとか放熱するとか色々な考察があるが、その他にも水分摂取の意味合いも大きいんじゃないかと頭の構造を見ていると考えられずにはいられない。
あの高いカスク、流線辿ると口元に行き着くんだよね。

こーゆーことばっか考えてるから(爬虫類ながめてるから)販売リストの更新ができないと←アホ

0809061んでこんなこともやってるし(滝汗)
これ実は、指の先にゲッコーフードを水で溶いたものをつけて、痩せた個体に舐めさせてるところ。
人間に対しての警戒心が無いから、平気でペロペロ舐めてくれる。
これをひたすら何度も繰り返す。
ついでに体力無くて脱皮が上手く出来ないやつの手伝いなんかもして(ピンセットで補助するんだが、『おや、ありがとさん』とばかりに、気にせず同時に自分でも皮に食いついて脱皮作業続行)

あのさぁ、お前らそんなだから簡単に捕まっちまうんだぞ←勝手な言い分

なんちゅーか、のん気なヤモリだな(汗)




テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/07(日) 03:42:44|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

ブルーゲッコー

たまにあきれた暴挙を決行し、首をこれでもかってなほどギューギュー締めるアホウな店主orz

えーブルーゲッコー急遽大量入荷っ!!

―――20匹 (・∀・)/ ←ポジティブシンキング

080903
若いオスとフルサイズオス(バックにんこがあるのは気にしないよーに。レオパの入ったケースだ)
んでついでに尾切れがメス個体。

先日ブログにて公開後、予想以上に反応を頂いたんで、注文分を少し追加するかーと問屋に行って『少し』仕入れる予定が……。

残り全部買っちったっ!!

いや、メスが少数しか残ってなかったんだよ。
もともとこのブルーゲッコー、メスの入荷量が恐ろしく少ない。
全体の3割くらい?
これ多分、生息数の問題じゃなく体色の問題だと思うんだが。
なもんで問屋さんの方でも最終的にオスが大量に残る(ペアでの販売が多い為)
ケージを覗いて『ペア殆ど取れませんよね』で、『どうせなら全部持ってっちゃいます?』で

ほんとに全部持ってきた

幼体や尾切れも少々。
全長3センチなんて可愛いサイズもいたりして。

080903

↑フルサイズの雌雄。
しかしこのブルーゲッコー、本当に綺麗なタモリヤモリだ(TとYを打ち間違うとえらいことに)
爬虫類を見ると『気持ち悪~い』と眉をしかめる家人が『綺麗だねぇ。これならな大丈夫かも』と、素直に感嘆するほどの容姿をしている。
その上警戒心が弱い。
こっちが眺めていると、向こうも首を傾げてジッと見詰めてくる。
ガラス越しにどっちが観察されてんだか(笑)
基本ゲッコーって空気読まずに何かをしない限りは、好奇心旺盛で洞察力が優れているから無闇にパニックに陥ったりしない。
イメージとしては陽気?

ペアなら小型のケージで楽しめるんで、レイアウトして楽しむのも良いかも。

今後調子の良い個体から順次発送予定。

オス単体(完尾)  ¥15、000
オス(再尾)     ¥10,000←生えかけ
ペア          ¥30,000(メス再尾のみ)

メス単体での販売はありません。
ペア販売は3ペアのみ。
幼体3匹と要立ち上げ個体の中にメスがいれば、今後ペアの販売もありですが未定。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/03(水) 06:07:51|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

ブルーゲッコー

ファームでの作業がようやく終わった。
んでもう何時間かしたら、今度は昼組みのメンテナンスだ orz

ひと月に2回のイベントなんちゅーとんでもない荒行(?)が終わり、残すは収支決算報告書との格闘のみ。
イベント前後は準備やなんやらで(『後』の方は疲労困憊で撃沈)爬虫類達のメンテナンスがお座成りになっていた。
それがここ最近でやっと落ち着いてきたのは良いんだが、体力気力の限界に挑戦って感じで飼い主はやっぱヘロヘロ(泣)
あともうちょっとだっ!
したら丸一日何もしない日を堪能してやる(読んでない小説がえらく溜まっている orz)

んで下の画像はキープしているブルーゲッコーのメス。
いつも流れ作業でメンテしてるんでじっくり見たことが無かったんだが…。

080901

2重アゴ(?)のブルーゲッコーがっ!

つかお前、いつの間にこんなに肥えたんだ?
体型も『樽』のよう(滝汗)
ブルーゲッコウってもっとこう、スラッとした生き物じゃなかっただろうか。
んで同居している他個体も見てみたら

0809012
アザラシ…じゃなくて、丸太のように肥えたゲッコーがガラス面に……(汗)
下の個体がオス。
上のがメスで1枚目画像と同一個体。
一時少し痩せたんで、エサの内容変えたらいつの間にか肥えていた。

というわけで、販売開始だな。
ちなみに本当は2ペアいた。
んが、プレッシャー掛かったのか何なのかオスが1匹死亡 orz
やっぱオスの複数飼育は駄目か(涙)

なもんでオス1メス2のトリオ販売。
雌雄共にまだ若目。
まだもうちょい成長するかも。
オスは画像だとくすんだグリーンだが、気分によってちゃんと綺麗なブルーになるんでご安心を。
性成熟すれば普段から色が出るんだけどね。
即戦力になるフルサイズ個体は基本あんま好きじゃないんで、ついつい色が出ていない若い個体を買って来てしまう。

トリオ価格 ¥45、000
メス1頭は再尾(下画像参照)
しっかり立ち上がっとります。
繁殖狙いの方にもお勧めです。

0809014

さて、終始決算やろう(涙)

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/09/01(月) 06:27:51|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード