日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

少し入荷

最新入荷あり。
その関係でちと体がへろへろ~~~。
気候の変化で古傷痛いは、体だるいやらで orz

080628


んで今回入荷はタンザニア便のノーサイテスもの。
1:コノハカメレオン
2:ヒガシアフリカトカゲモドキ
3:ブルーゲッコー

コノハはヒゲコノハとウサンバラコノハ。
各ペア取り可能(一応2ペアずつ持ってきた)
ゴマ粒コオロギをバクバク食っとります。
価格は1頭¥5,000

んでヒガシ。
ニシときたらヒガシでしょう!
やっと念願叶ったなぁ(個人的に)
5年ほど前に1年ほど飼育していたが、眠そうな目がえらく可愛かった思い出が。
画像を撮ろうと思ったんだが、完全夜行性な彼らは明るいとなかなか目が開かないorz
今度夜中にゲリラ戦法だな。
水槽に入れた途端、砂掘り掘りしとりました。
ペア¥13,000

で、ブルーゲッコー。
今回はオスのみ。
色味の深い綺麗な青個体が2頭入荷。
実はメス1頭も入ったんだが、欲掻くもんじゃないな。
もち腹個体を持ってきたら、翌日死亡(滝涙)
ただでさえ輸送ストレスや体力の消耗、そんなもんがあるのに抱卵状態じゃ死ぬ率倍増。
まあ実際は「持ち腹なら確実にメスっちゅー考えがあったんだが(汗)
判り辛いんだよ、雌雄の判別が(体ちぃこいし)
一応卵は取り出したが、ふにゃふにゃしてて何か怪しげ。
孵化してくれりゃ嬉しいが、未成熟卵なような気が(汗)
下の画像は入荷直後のもの。
太陽光に当てると目が覚めるようなブルーになる。
光を当てないと黒ずんじゃうんだよな。

オス1頭:¥24、000

080629

次回入荷時にはメスも持ってくる予定でいるんで、とりあえずオスの姿を先に楽しんでおきたいという方是非どうぞ。

今日は入荷の他にマダガスカルヒルヤモリが産卵してたり、フトアゴが孵化したりでまぁ大変←他人事のように。
マダガスカルの卵は壁と100均で買ってきたメッシュ柵の間に産卵されていた(カメレオンの足場用に壁に吊り下げてあったもの)
が、どうにもマダ達が飛び交う内に振動で剥がれちまったらしい(汗)
途中で引っ掛かっていたんだが、そのままだと潰されるか地面に落ちるかしかないんで、摘み取ってプラカップに収容。
結構硬いのな。
卵殻が厚くてビックリだ。
2個連なったような卵なんだが、これって正常な状態なんか?
初めて見たからさっぱりわからん。
無事孵化してくれることを願う(ほぼ他力本願)

うう~しかし体がだるい(泣)
今日はこれからレオパチビどもの餌やりと卵拾いだ。








テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/29(日) 00:17:27|
  2. 日々徒然
  3. | コメント:1

ニシアフリカチビまみれ~。

0806268ここ最近、ここ書いてないなぁ(汗)
実はただ今ファーム内がえらいことになっとりまして、気力と体力の限界に挑戦ってかんじ?
ブリードする生体が増えたおかげで、そりゃもうあっちもこっちもベビーだらけに。
画像はワイルドニシから生まれたチビニシ達。
以前であれば個別飼育するんだが、過去最多の育児ラッシュにこりゃもう無理だと断念。
その代わりマメに給餌してるけどね。
サイズを揃えてやれば問題なし。
体格差が出ると尻尾切られたりするんで、それだけは気をつけている。

しかしチビニシの可愛さは犯罪的だな(笑)

昨年仕入れた種親は、結局半分ほどしか残らなかったんだが(31頭購入)
今もじみ~ちに繁殖が続いている。
ワイルドは本当に立ち上げ難しいな。
ただ孵化子はかなり丈夫だ。
やはりストレスが掛かっていないからだろうか。
えさ食いに関しては確実にレオパより上。
がっつく勢いが半端じゃない。

成長は遅いが(笑)

そろそろフードに切り替えようかと企んでいる。

今日はこの後にまたここ書きに来やす~。
実は最近ファームの方でもネットが出来るようになった。
エアエッジに加入してモバイルノートで繋げるようにした。

ただ速度はえらい遅いが orz
もっと早いやつもあるんだが、契約料がそれなりにするんで、貧乏だから最低限のやつ(それでも繋ぎたい放題だ)
駄目だなぁ。光の速さに慣れてしまうと(滝汗)
そんなわけで、最近ちょこちょこショッピングカートの方も更新しとります。
理想としては1日最低でも1商品と思っちゃいるが、いまだ理想と現実の溝は深い orz
メールの受信に関しては今まで通りデスクトップの方なんで、急ぎの御用の際には電話で!
固定電話はファームに居ないときもあるんで、携帯の方が確実です。

そんではまた!


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/26(木) 20:46:25|
  2. ニシアフリカトカゲモドキ
  3. | コメント:0

まあ色々あるわけです。

0806176最近仕入れたマダガスカルアデガエルさん。
今までケージに流木しか入れてなかったんで、ホームセンターでポトスを買って来て入れてやったらこの通り。
基本この種は縦方向の行動も活発なんで、立体的なレイアウトにした方がその姿が楽しめる。
実は数年ほど前に、3年ほど飼育していたんだよね。
35センチほどの高さのガラスケージで、流木を組み合わせた流水式のテラリウム。
滝にあたったり流木の天辺にまで登ったりと、結構活発で見ていて飽きなかった。

0806176疲れたら流木の下で一休み。
ちなみに現在は30センチの小型爬虫類ケースで飼育…つかキープ。
外米くらいの大きさのイエコでも食ってくれるから飼育が楽だ。
つか、何だか妙にふっくり体型になったな、お前ら(笑)
来た当初より確実に太った。

暴露すると入荷して3日ほど経った頃に、♂1匹が突然全身麻痺でも起こしたように地面に横たわって手足伸ばしてピクピクしてしまった。
その時は少し大きめのプラケースで飼育していたんだが、うわっ!こりゃアンモニア中毒だろ!?
ってなわけで、即座にケージを用意して湿度と換気を改善したらその日のうちに治った。
この系統は弱いと思われがちだが、かなり丈夫と再認識。
というか、すまん orz
不甲斐ない飼育者のせいで辛い目にあわせちまった orz

反省ばっかしてるな、ほんと。

0806175んで同日入荷のソメワケその後。

ちょっとだけよ~ん

ってカンジ?
チラリズムにエロスの真髄を見つけたり←アホ
オスですがっ!
パーカー着ているようだな。
この後綺麗に脱皮しとりました。
んでどうやら、メスが抱卵してしまったモヨウ(汗)
今お買い上げ頂くと、もれなく繁殖も経験できます←宣伝

うちのファームは毎日がこんなじょーたい。

私信
Rさん、ご連絡ありがとうございます。
近日中にメールを送らせて頂ま~す。





テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/17(火) 05:00:08|
  2. カエル
  3. | コメント:1

自分的にオッケー

080617 0806171 0806172
0806173本日はフトアゴネタ。
ソリッド系のベビー達。
画像をクリックするとでかい画像が出ます。
1枚目がDDレッド系♂×ヤマブキ(ジャーマン系)
2枚目がDDレッド系♂×DD系フルソリッドオレンジ♀
3枚目がヤマブキ(ジャーマン系)♂×DD系フルソリッドイエロー♀…だったか?トゲだけオレンジ。
4枚目は2の同腹…何でか知らんが、この個体だけ全長27センチにまで育ってしまった(汗)
他の兄弟は皆15cm前後なんだが。
以前にも載せたが今はこんな感じに。
しかし上記の系統総てに言えることだが

よくもまあ、血を継続できたなぁと!

いやほんと、どの親もぎりぎり煮詰まって血が途絶えると思ってたんだよ。
特にDD系フルソリッド系統、1度外部の血を入れたにも関わらずかなり虚弱。
ヤマブキ系の血が入ったベビーは生存率も高いから体質改善できているようだ。

ちなみにヤマブキ=山吹色
ジャーマン系レッドフレームのオレンジ系にそう名づけてみた。
この辺はもうほぼ固定色なんで、ちゃんとした固有色名つけてもよいかなーと。
どっちかってーと根底は黒に近い。
実際には山吹色より少し濃い色彩だが、他に名詞が浮かばないんでこれで落着(勝手に)

0806174ベースはこれ。
赤でもオレンジでもないんだよね。
系統の中にオレンジに近い黄色と、黒に近い赤があるからこんな色になる(汗)
色彩的組み合わせとしちゃ、けっこうデンジャラス~。←他人事のように。
顔のトゲにも総て色が乗るタイプなんで気に入っている。
これにもう一回、黒に近い赤を乗せるとドス赤作れそうだな。
1のベビーがその組み合わせなんで、今後に期待だ。
とはいえ、逆組み合わせなんだがな。
メスが山吹でオスがピジョン系。
ヤマブキ系のメスは基本トゲだけオレンジで、体は黒。
見た目じゃ形質がわからんのでどうなることやら。
ちなみにベビー達の血を上げると
DDレッド・サンド系・ジャーマン系レッドフレーム・レモン系イエロー(出所不明)・DD無色ソリッド因子持ち。
こんなカンジッ!!

私的には面白いと思うんだが、賛同者がいるかどうかはなぞ(笑)



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/17(火) 04:19:37|
  2. フトアゴヒゲトカゲ
  3. | コメント:0

キャット入荷。←ニシ並みに好きだ

最新の入荷以下参照~。

080612


キャットゲッコー。

0806121


バスタール…で買ってきた個体。

今んとこ、ふつーに飼ってます(他に言いようが無い……)
キャットの方はかな~り痩せているが、尻尾にまだ栄養が残ってるんで環境さえ間違わなければどうにかなんでしょう(楽観的)
オス1のメス2で、全員完尾。
オスはにょろっとした一番左の個体。
ヘビみたいだな(滝汗)
5年ほど前に繁殖させた事があるんだが、ミニマムキャットは可愛かったなぁ。
もちっと太ったら販売予定(トリオ)

んでバスタールは…ウチワヤモリ?
実は自分で飼育している生体以外の知識はほぼ皆無なんだが、持って帰ってきてゲッコーの本を見てみたら、バスタールとは何か違う(滝汗)
尻尾にトゲトゲ無いし、顔つきも違う。
でもウチワほど指の先でかくないんだよなぁ。
この辺に詳しい方のご意見希望。
行動と体を見て飼いかたはある程度わかるんだが、名前が判らないことにゃ(汗)
販売店とはいえ、うちはこの程度だ。

必要に駆られないと知識が増えない。
うはは~だ orz

昨日は久し振りにフトアゴの産卵があった。
本気でそろそろハーレムの再編成しないとな。
産んだのはシャレで2ヶ月ほど前に組み合わせた系統だったんだが、うまく行くと思ってなかったよ(マジで)

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/15(日) 03:48:52|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

マダガスカルヒルヤモリの交尾。

少し休憩にパソ部屋に帰ってきた。
今日はこれから昨日仕込んだフードをスティックにする作業だ。

080610


んでまあ、画像は見た通りだ(最近多い)

マダガスカルヒルヤモリが交尾してた(汗)
なんちゅーか、メスが2匹とも交尾済みらしい。
オスが交尾時に噛み付いた証拠に、どっちも頬の皮膚が取れちまってるよ……。

うちのいつものパターン。

売れないからいつのまにかブリードに移行(うはは~~だ orz)

エボシワイルドもそのパターンだったなぁ(遠い目)
次はきっとヘリスジだな。
つか、へラオもヨツメもメスがどんどんカルシウムを蓄えてご立派な体になっていく。

死ななきゃ在庫だ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/10(火) 00:27:07|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

フトアゴの尾切れ

今日はショッピングカートにレオパを更新しようと思ってたんだが、気力が尽きたんでまた後日(汗)
特に忙しいとは思ってないんだが、ひとつの作業が終わるとふつーに2時間ぐらい経過している(気分はタイムトリップだ/汗)
080608

ん~で画像は

尻尾を食いちぎられたフトアゴベビー orz

12~3頭が入ったスペースなんだが、その半数以上が尾切れになっちまったぁぁぁぁ!

で、ちょいこの尾切れについて考えてみた。
なんでかっちゅーと、もっと過密飼育している場所でも1頭も尾切れしていないグループがあったりするんだよ。
今まで考えていたのは【アグレッシブ】な系統だから、尻尾への誤爆が多いんじゃないかと。
活発すぎてコオロギに食いつく筈が、間違って尻尾に噛み付いてしまうとか、新陳代謝が活発すぎて腹が減るから動くものに噛み付く、とか。
そんな風に考えていたわけだ~が。
もっと活発で成長が早い系統でも尾切れが無い系統もいる。
餌やり頻度は同じなのに、であ~る。

なもんで他にも理由があるんちゃうか?

というわけで、とりあえずその尾切れ続出系統を観察してみる事にした。

ふつ~にしている時にジィ~~っと見詰め
餌やりしてコオロギを追っ掛ける姿もジジィィ~~~ッと観察。←傍から見たらただボォッとしている飼育者。

そこで不意に気付いた。

尻尾の先が上がっていない?

まだ画像の個体ほど切れてない連中を眺めていたら、尻尾が完全に地面にベタッと落ちている。
んで尾切れしていない個体はといえば、餌を追う時でも尻尾の先をクリンッと上に持ち上げている。
おやっ?と思い、尾切れしていない系統の方を見てみたら、歩く時には必ず尻尾の先が上に持ち上げられていて、コオロギを追う時に間違って噛み付かれない高さになっていた。

もしかしてコレか?

要は尻尾をきちんと上に持ち上げるだけの筋力が無いから、誤爆で噛み付かれて切れてしまうと?
んで噛み千切られると血がでるから、その匂いで他個体が餌と勘違いしてまたガブガブ(見たことあるが結構ホラー…)
総てがそうだとは言えないが、うちで見る限りクラッチによってその差が激しいんで、多分この仮説は間違ってないだろう(くどいようだが、あくまでうちの場合)

ということは、身体能力的に問題有りってことだよな?
尻尾の筋力は多頭飼育では重要!
まぁもっと弱い系統もいるんだが、そっちは誤爆どころか生存率自体怪しいから弱くても尻尾が切れない(汗)
13頭生まれて生存3頭なんてのもいたりして(DD濃縮系統…)
抱卵時の母親の栄養状況なんかでも左右されるから、もっと色々考えなけりゃならんな。

ブリードは奥が深い!

難しいな、ほんと(泣)

業務連絡
ようやくフードの材料がそろい、昨日ネタが仕込めました。
近日中には発送いたしますんで、もう少々お待ち下さい。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/09(月) 04:01:56|
  2. フトアゴヒゲトカゲ
  3. | コメント:1

ヒルヤモリだらけ

ただ今風邪との攻防戦真っ最中だ。
目が覚めたら行き成り風邪引いてた……orz
ただまあ、先月にもあったんで対処法はわかる。
2日で治してやる(前回は1日でどうにかなった)

080604

んで画像はつい最近仕入れたヒルヤモリの為に作ったケージ。
作成日数1日。10匹のヒルヤモリをキープする場所がないんで、慌てて作った(笑)
ヒルヤモリ専用に設計したんで、通風も保温も保湿も完璧だ!
しかも軽いんで、このまま野外で日光浴もできる。
仕入れるたびにこんなもんを作っているのは時間と金の無駄に思われそうだが、数多くの爬虫類をキープしている身としては、最初に手間掛けて環境作って、その後は適当に飼育……とういスタイルが人間にも爬虫類にも良いのだよ。
大体ケージ自体数時間で完成するしな(笑)
制作費¥2000くらい。
自分が好きな寸法で作れる。
0806041


ケージ内に住んでいる3種のメスが丁度一箇所に集まったんで(笑)
メス同士は結構小競り合いがないんだよね。
しかしヘリスジのメスは頬のカルシウム貯蔵率がすげぇな(汗)
へラオも多少蓄えてはいるが、ヘリグロの比じゃない。
こん中で一番見ていて飽きないのがヨツメ。
葉っぱと葉っぱの間をジャンプしたり、ちょろちょろ動き回ったりして忙しい。

今月のマイブームはヒルヤモリに決定。
マダガスカル・ヒラオ・ヨツメ・ヘリスジ・タンザニアデイ
ついうっかり(?)ヒルヤモリだらけに(笑)
飼育に手間が掛からんから、ついつい……orz←アホ

どれも状態最高だよ~~~~と、宣伝してみる。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/04(水) 14:49:13|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

久々フトアゴネタ

ようやっとフトアゴネタ(笑)
画像はDDレッド同士で生まれたオスとジャーマン系レッドフレーム×サンド系で生まれたメスで生まれたベビー。

080601


実はこれ、けっこう期待している。
色もだが

体質にっ!!

いや、もうね、DD系はとにかく煮詰まって、体が弱くてどうしようもなかった(汗)
オスのほうの両親は生粋のDD個体。
ずっと避けていたんだが、ある程度血が拡散できたところであえて【禁断の交配】をしたわけだ。
そしたらまあ、見事に虚弱やら成長不良やらで、生まれたベビーで無事に成長したのは3頭ほど。
しかも体が小さい。
全長で40cm行くかいかないか。
3年掛かってどうにか交配できるくらいに性成熟してくれて、今年2頭のメスが無事産卵してくれた。
(コレの他にサンド系のメスが産卵)
パステル系ショートボディーの血は入れていないんで、初期DDのスラッとした体格の形質は保てるだろう。

んで当のオスは先月だか先々月に突然死したが orz

その弱さ、ジャーマン系の血が入ったベビー達はきっと乗り越えていてくれるだろう(多分)
ジャーマン系の血を入れた系統は本当に丈夫だ。
レッドの異母兄弟でパステルオレンジのオスがいたんだが、そっちもやっぱ虚弱で交配までに3年掛かった。
それでもメス3頭つけて、抱卵したのは1頭のみでお相手はやっぱジャーマン系レッドフレーム×サンド系。
しかも1クラッチ……orz
んでその個体も2ヶ月前に死亡(同年生まれ。何か起爆スイッチでも入れてしまったんだろうか)

本能でわかるんか?お前ら。
色々な系統をオスにはつけるんだが、大抵産むのはジャーマン系。
孵化子はやっぱ強い。
より強い形質を残そうと頑張ったんだから、お前さんたちの種の保存本能は大したものだ。

で、色彩。
これ、どんな色になるんだろ。
母親形質はベタオレンジ。
父親の方は祖父さんがパステルハイポの血を持ったクリアネイルへテロで、祖母さんが黒に近い赤。
オレンジ系ではあるな。
孵化したててで背中にソリッド色は出ているし、地色がベージュなんである程度色は乗るだろう。
DD・サンド・ジャーマン、とにかく色々な血が入ってるんで今後に期待。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2008/06/01(日) 04:01:57|
  2. フトアゴヒゲトカゲ
  3. | コメント:4

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード