日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

カエルとカメレオン

070531すいません…何か間違ってませんか?

餌をやろうとカエル達の雑居水槽(1200×450×300)を覗いたらこの始末(汗)
ミツヅノ―――ッ!!
ここまで外見が違うと何となしにコメディーチック。
ちなみにこの水槽、他にもマレーコノハ(オス)も入っていたり。
ミツヅノのメスは私の配慮が足らず落としてしまった。
産卵した後すぐに個別飼育に切り替えればよかったんだが、餌も多少食ってるし大丈夫だろうなんてそのままにしていたら……ある日水にプッカリと(泣)
で、その時の卵はといえば、カビも生えずに徐々に徐々に崩れて小さく……。
いっそあからさまに駄目になってくれりゃ期待する時間も短かったというのに。
粒が崩れて消え逝く様を見届けちまった。
せ……切ないぃぃぃぃ―――っ!!

0705311んでエボシ。
ビックベビーで入ったオス個体なんだが、今じゃ立派なヤングアダルトに成長。
とはいえ、まだまだアダルトサイズには程遠い。
広いケージに移してやりたいところだが、アダルト連中はこの個体のゆうに2倍以上はある。
――――――食われるな、多分(汗)
しかしエボシのオスは皆警戒心が強い。
これはうちのだけかもしれないが、とにかく人間を見ると速攻隠れる。
メスは個体差が激しい。
エサくれっ!とばかりに人の鼻先まで催促しにくる個体もいれば、ブッシュの中に隠れて姿さえ見せない個体もいる(2~3日に一度見かけるかどうか/汗)
大型ケージの8頭はメス2頭が強過ぎオス同士が争う気力も無いようで、このまま同居させといて繁殖できるんかいな?とちと不安になる。

……まあ、なるようにしかならんでしょ←サジぶん投げ(根がいい加減)

本日の孵化。
レオパのスーパーマックスノー×レインウォーターアルビノかピンクレオパ。
孵化子の色を見る限りピンクレオパっぽいが判らん。成長すればある程度わかるだろう。ただいえるのはスーパーマックのヘテロっちゅーのは確かだ(この場合マックになるのか?)

そういえば先日書いたフトアゴベビー、アレ書いてて本当に両親レッド×ノーマルのF1だっけか?とオスを見てみたら、サンド×DDレッドで生まれた個体だった(汗)この系統、色と顔付きに特徴があるんだよね。
そんなわけで(DDレッド×ノーマル)×(DDレッド(別個体)×サンド系)な組み合わせ。何だかややこしい。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/31(木) 06:59:15|
  2. 日々徒然
  3. | コメント:0

ちびっこいのがちょこまかと。

070529今年3クラッチ目のベビー孵化っ!
レッド×ノーマル同士で生まれた個体同士をまた掛けた組み合わせ(要はF2ったやつだな)
10卵中8頭孵化。
両親が成長不良の個体だったこともあり、孵化子もやっぱ小さい(汗)
200頭近くいるとね~、中にはデカくなれない個体も出てくるわけですよ。
特に多頭飼いなんざした日には、性格の強弱で成長に優劣が出るのが当たり前(かなり顕著)
んでデカくなれなかった個体に生殖能力が無いのかというと、けっしてそんな事はありやせん。
巧い具合に吊りあう相手がいれば大抵繁殖が可能だ。
産卵数はさほど多くないけどな……。
数がいるんで相手には困らない我がファーム。
遺伝的に根本から問題が無い限りはきっちりしっかり繁殖に参加して頂きます(誰に言ってんだか/汗)

しかし久し振りに見たベビーはやっぱちっこくて可愛いな。
毎回同じ事を言っているが、日々成長していくんでついつい生まれたてサイズを忘れてしまう。
1月に生まれたベビーなんざ、ちっこいちっこいと思っていたにもかかわらず、このベビーを見るとかなりデカい。
8月のレップショーで販売するのに調度良いかもしれない。

次の孵化はいつだったか。
今のところ100卵に届いていない。
つい先日産卵したメスが生んだ卵の数=4卵。
1回の産卵数としては間違い無く過去最低数(笑)
お陰で産卵当日まで抱卵していると思わなかった(腹ぺったんこ)
そろそろエンジン掛かってくれない物か。
予想より出足が遅いんでちと心配だ。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/29(火) 10:33:13|
  2. フトアゴヒゲトカゲ
  3. | コメント:0

色々と

070527ここ最近暑い日が続いとります。
完全昼夜逆転生活を送っているんで、午後2時頃になると暑くて目がさめる(滝涙)
とはいえ、エアコンつけるほどでもないしなぁ。
ジワジワと真綿で首を締められるような不快感を抱きつつ、生温い惰眠を貪る毎日…なんか非常に精神衛生上よろしくないような(汗)
んでファーム内も、夜間に点灯しているにも関わらずやっぱり熱い。
室温平気で30℃前後。
だがフトアゴ達絶好調!
この暑さでもバスキングに当たっている…。
デロリ~~ンチョっとな
・・・・・・・・・・・・・ある意味すげぇぞ、お前ら。
かなり『余は満足じゃ』な顔だ。

0705271同じくエボシカメレオン達も。
やっぱりこのカメレオン、特殊なんだなぁ(私的に)
同じ部屋で飼育しているんだが、この暑さでも絶好調。
多少温度の低い場所にはいるんだが、それでも多分28℃くらいはあると思うぞ。
ただ水はかなり飲む。
霧吹きノズルからガブガブと。
今現在大型ケージに8頭の雌雄を同居させてるんだが、フルアダルトは3頭しか購入していなかったんだが、いつのまにか8頭。
ヤングサイズがあっちゅうまにアダルトに成長してしまった。
ビックベビーサイズで入れた個体が2頭程成長不良をおこして購入時とあまり変わらないサイズでいるんだが、それと比較すると他の個体の成長度合いが良くわかる。

エボシの成長はあなどれない(滝汗)

今日はこれからレオパの販売個体を更新予定。
難あり個体も大特価放出。
ちなみに『難あり』の難だが、主にうちの成長度合いから外れたという意味の難有り。
うちの基準=8ヶ月で全長23~24㎝越えの成長度合い。
今回放出するのは多分フルアダルトで20cm弱にしか成長できないだろう幼個体達。
これは単に育成段階でのエサ遣りの不足からなので、繁殖するにはまったく支障が無いと思われます。
販売時に詳細は記載しますので、そちらを読んだ上でご購入を検討下さい。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/28(月) 04:28:24|
  2. 日々徒然
  3. | コメント:0

失敗してもめげない

070525デュビアの餌やりメンテナンス、ようやく半分終了。
今日はもうこれ以上やる気にならん。
12ケースで挫折……。
衣装ケース3個から始まったデュビアの養殖だが、昨年の9月終わりから種親を集め出して現在28ケース。
つい最近ちとポカをやり、危く3ケース全滅させるところだったが何とか回避(だがほぼ半壊。1000匹とは言わんが、何百匹かは殺した…)
参考書なんざないんで、ひとつひとつ失敗しながらの前進。
とりあえず失敗しながらも少しずつ学んでいるよ(その度に胃袋キリキリするが)
んで今日はその失敗の後始末をしてたんだが、1ケース処理するのに30~40分。その為の下準備は4~5日前に済ませちゃいたんだが、それでもやっぱ手間が掛かる(臭いし/汗)
そのあと今度はケース内の収容数の調整やら、雌雄の比率のチェック。
オスの寿命の方が短いんで、種親ケースの個体はある程度把握してないと気がつけばメスばっか…なんてことにもなりかねない。

それでもまあ、コオロギより飼育はらくだ。
2~3日に1回餌の補充をするだけで飼える。
残り半分は明日に回す。4ケースほどまだ振り分けなきゃならんし。
餌さ用スペースの半分が現在デュビア。
イエコは買えるがデュビアは早々買ってられないんで、今後の餌さ養殖はデュビアオンリーになりそうだ。
本日主食がデュビアなひと>ヒメササクレヤモリ


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/25(金) 05:53:32|
  2. 日々徒然
  3. | コメント:0

なかなか思う通りには…。

070523ようやっとニシアフリカトカゲモドキの収容スペースが完成!!
いや、長かったね……やる気になるまでが(汗)
その気になりさえすれば1時間もあればできるんだが。
メンテナンスが楽で、かつこまめに中がチェックできる仕様を…とか考えると、考えてるだけで総てが終る←結局作成までに至らない。
今回のコンセプトは保温に保湿に風通し!
メンテナンスも含めて総てクリアーしてやったぞっ、うはは―――だっ!
ちなみに制作費はケースも全部ひっくるめて5000円くらいだ。
これで5系統全部収容。



07052310705232

0705235左上が最近購入した系統。
右上は昨年末に購入したアルビノへテロ系統。
でもって左が一昨年購入したアルビノ(ストライプは今年落とした…)
他にワイルドも6頭いるんだが、やはりニシは難しい。
目下の目標はワイルドと最近入れたアルビノを太らせること。
ただアルビノの方は5頭中3頭はピンクを食べてくれるんだよね。
一番痩せた個体が真っ先にがっつり食ってくれたのは正直助かった。
問題はやっぱワイルドでしょう(泣)
再尾率高いから直ぐ痩せる。
レオパもそうだが完尾に比べて栄養貯蓄の割合がかなり低いんだよね(オスはまだしもメスは卵生ませると…)

0705236適当に飼っているのはどんどん繁殖。
どうやらヒメササクレヤモリ……抱卵しているようだ(汗)
25cmサイコロ水槽でペア飼いできて繁殖できるヤモリ。
いっそ90cm水槽に100匹位入れてブリードしてやりたい気分だ。
手を掛け過ぎるほどマメな性格はしていないんだが、意気込んだ生体は生まず。
適当の折り合いを見つけられるように少し考えよう。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/23(水) 09:06:15|
  2. ニシアフリカトカゲモドキ
  3. | コメント:0

寸詰まりも遺伝。

0705211最近本当にここ書いてないなぁ(滝汗)
なんちゅーか、文章を書く気力が湧かないんだよ。
はっ!もしかしてこれが世に言う【5月病】というやつかっ!
今なら8時間でも9時間でも眠れるぞっ!
………只単に先週の疲れが残っているだけのような気がしないでも無いが。(九州から帰った日は19時間寝た…人生新記録かもしれん)
んで画像はオレンジ系クリアネイル×レッド系クリアネイルへテロで生まれた個体達。
手前はクリアネイルで後の2頭はヘテロ。
この系統、なぜか全員寸詰まり。
とにかく胴体が短く横に広い。
父親のクリアネイルがこんな体形なんだよね。
母親は結構胴体が長いタイプなんだが。
ちなみに母親似もクリアネイルの血は入っているが、同時入荷したクリアネイル(当時クリアネイルという品種名は存在しなかった)を見る限り、胴が長くスレンダーな形質の血な筈なんだが。
95年にこのメスと掛けたのは同時入荷のレッドのクリアネイルヘテロ(多分血が繋がっている)
その時の孵化子は胴の長さが普通だった(クリアネイルもヘテロも)
となると、やっぱこの個体達の体形は父親の形質が強かったってことだよな。
例えるならレオパのリューシスティック?
ワイルド掛けてF1が普通体形でも、F2作ってリューシが出るとなぜか寸詰まり体形になる。

何かあんま嬉しくない体形だな…おい。

2頭身デフォルメ体形とでも表現すべきか。

今年は手駒が足りなく無理だが、来年立て直そうかなぁ(涙)
もうひとつ別系のクリアネイルがいるんだが、そっちは【受け口】……。
飛び出しちゃいないが下あごが大きい。
しかもこれ、ちゃんと遺伝してくれたりした。
顔見りゃ親が誰だか判るよ―――っ!!
恐るべし遺伝っ!
この個体達の顔もな…母ちゃんそっくりなんだよ。
頬っぺたがふっくらした愛嬌ある美人さん(このブログのタイトル画像の個体)
今日はこれからニシの台を作成予定。
少しづつ片付いてきたぞ!


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/21(月) 04:26:43|
  2. フトアゴヒゲトカゲ
  3. | コメント:2

九州レプタイルショー

070517九州遠征(?)の疲労から今頃になってようやっと復活~~。
1週間掛かったよ(涙)
その間どうにか生体の管理だけはこなしたが、木曜~金曜日辺りになって、ようやくとっ散らかったファーム内の掃除ができた(で、また疲れた…)

まず初めに

当ブースにお越し頂いた皆様。有難うございました。

かなりお疲れ気味のくたびれた状態での接客には、後悔しても仕切れない程の気まずさが残っておりますが(滝汗)
とにかく今回は今までにないほどの怒涛のスケジュールッ!
何が大変って、開催日の2日前には荷物の発送を終らせなきゃならんということがっ!
近場なら前日辺りに準備を始めて当日車に乗せるだけなんだが、今回はケージや生体総てを梱包して発送しなけりゃならんというのが(滝涙)
で、これを通常のメンテナンスと並行してやるわけだ…。
荷物を引き取りにきた運送会社のドライバーさんに、思わず同情の眼差しを向けられてしまうほど憔悴していたらしい(2日間で2時間しか寝てない)

そんなこんなで飛行機で行ってきましたっ、九州は博多っ!
第一の印象は「都会や……」。
母方の本家が九州なんだが、以前にも来た事があるがゆっくりと見た事がない(葬式やら結婚式やらと、出向く時はいつも忙しい)
自分が田舎者だとしみじみ実感(汗)
んで今回最大のカルチャーショック。

しょうゆが甘い……。

知り合いの知り合いの業者さんのご好意で、寿司をご馳走になったんだがその醤油が―――っ!!
例えるなら穴子のタレ?
以前母親から聞いてはいたが、実際に食したのは初めてで驚いた。
普通の醤油が恋しいと思わず呟いてしまったが、ここ(九州)ではそれが普通なんだよな(汗)
ちなみに関東醤油を九州の人に送ると失礼になるんだとか。
トリビアだ―――っ!!←ヘ―ボタン乱打中

しかし母いわく「甘い醤油は記憶に無い」んだとか。
生粋の福岡人なんだが……何故だ?

醤油話はまあここまで(だが衝撃的だった)

次のイベント参加は埼玉アリーナを予定している。
もっと沢山のイベントに参加したいんだが、体がひとつしかないんで色々と物理的に無理が(汗)
とりあえず、8月のレップショー合わせで繁殖頑張ろう。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/20(日) 09:38:26|
  2. 日々徒然
  3. | コメント:0

ぼちぼち繁殖

070426今年初の孵化はアルビーのスノー(とは名ばかりのハイイエローモドキ/笑)
ただこの卵をシェルターから回収したのは3週間ほど前なんだよな…計算が合わないのはきのせいってことにしておこう(一体いつ生んでたんだ)
今年はかな~りスロースタート。
勢いで生ませるのは簡単なんだが、飼育者の体力との兼ね合いで暫くはセーブしようと思っている。
予定としては最小限。
販売用のベビー少々と、あとは自分の趣味の分(ジャングルやらアルビノ系やら)
後はニシをどうにかせにゃならん(汗)

0704261んでそんな中、絶好調なのがソメワケササクレヤモリ。
すんませ~んっ!
ブリードする気はさらさら無かったんですが―――っ!
現在10卵確保……。
ただフツーに飼育しているだけなんだが、4頭のメスが次々生んでゆく(汗)
しかしなぜ毎回1卵?
数日置きに転がっているところを見ると、2卵持っているのをわざわざ1卵ずつ生み落としているとしか思えないんだが。

で、ここで白状しよう。
私はハードシェルが苦手だ。
というか、卵の保管ってどうすりゃいいんだ??
もともと繁殖は考えてなかったんでさっぱり解からん。
そんなわけで、久々にゲッコ―の本を開いて勉強。
前にも一度孵化はさせてるんだが、適当にやったんでアレが良かったのか悪かったのか(孵化率30%くらい)
んで当の親は地道に太り中。
来た時より若干尻尾がふっくらしたかな。
予定外だがこのまま繁殖を楽しもう。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/08(火) 07:29:55|
  2. レオパ
  3. | コメント:0

ようやく完成

070502作ろう作ろうと思いつつも、やる気にならずに伸び伸びにしていたエボシカメレオンのケージがついに完成っ!!
誰も褒めてくれないだろうから、自分で自分を褒めて遣わそう!
とはいえ、これ、当初作っていたはずのケージとはまったく別モノ。
最初に作っていたやつは、勿論作りかけのままだ←胸張って言う阿呆。
ちと作るのに面倒な仕様にしてしまったんだよね…作りかけの方(遠い目)
とりあえず使用目的が無くなったんで、気が向いた時に完成させよう(何時になるかわからんが)
んでこのケージ、ベースは1200×450×450のアクリル水槽。
たまたま目の前にあったんだよ(アカボシユビナガガエルが引っ越したんで余ってた)
片付けるのも面倒、かといって置いておくのもはっきり言って邪魔。
で、急に思い立ってファーム内の配置を変えていたら

うおっ、何か1200くらいのスペースが出来たぞ!!
(冷蔵庫移動した)

0705021ちゅーわけで、とりあえず作ってみた。
成り行きと勢いは私の標準装備だ(計画性が無い)
計6頭の雌雄を放牧(?)
画像はうちで一番偉いメス。体はさほど大きくないんだが、なぜか一番えらい。強いワケじゃない、ただえらい(意味不明)
オスの画像もと思ったが、皆植物の陰に隠れて出てこない。
そう考えるに、このひとがすごいのは

マイペースで無頓着だからなのかも。

これからは師匠と呼ばせて頂こう。
これでカメレオンはどうにか落ち着いた。
次はあっちゃこっちゃに点在したニシアフリカトカゲモドキ達を収容するスペースだな……いつになることやら。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/05/02(水) 02:08:53|
  2. カメレオン
  3. | コメント:0

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード