日々自堕落な飼育日記

東京都武蔵村山市のカメレオン販売店Crazy Genoのブログです。店主がマダガスカルに行ってカメレオン採取もしています。

マ・ソ・べ~( ̄(工) ̄)

12月30日にマダガスカル便が入荷して、つい最近まで立ち上げに睡眠時間を削る日々だったが

その30パーセント以上の労力を注いだのがマソベササクレヤモリっ!

死着分含めて29頭入荷したが、販売した分(餌食い確認出来たのから販売)も含めて生き残ったのは15頭というorz
(3頭死着)
ただ、今の飼育スタイルにすればあと2~3頭は生きていたかもしれない。
反省orz

持ち腹個体もいたが、結局無事産卵できたのは1頭だけ。
ちなみにその個体が1番エサ食いが良いというミラクル。母は強し?
残りは卵がマックスに育つ前に拒食と脱水で死亡orz
注:この記事書き始めたのは1月26日なんだが、数日前に判明した驚愕の事実…死亡した持ち腹の入っていたプラケをバイトさんが片付けてたら、シェルターの中に卵が2つ、ちょこんと並んでいたと持ってきてくれた。
残った生命力の総てを産卵することで使い果たしたんだね……。
今その卵は順調に育っているようだ。

深夜遅くまでエサ食わせようとアレコレ頑張ったんだけどなぁ(涙)
なんちゅーの?
目の前で日々弱っていくのに餌を食ってくれない。
栄養さえとってくれれば生きられるかもと、流動食をのませようと口を開かせようとしても開けてくんない。

何でこっちの気持ちがわかってくれないんだぁぁーっと、ピンセット片手に泣きそうになったよ。
実際悔しくて目尻に涙が(つД`)ノ

つか、彼等にしてみりゃいきなり誘拐されて、見知らぬ土地で巨大な怪物にあれこれされりゃ生きる気力も希望も失せるのかもしれない。

ごめん、力不足でorz

現在10頭ストックしているが、4頭は確実にコオロギを食っている(単独飼育)
3頭はオス1のメス2で60センチ爬虫類ケージで飼育しているから、誰がどんだけ食っているかわからん(^◇^;)
(痩せてヤバそうな個体をダメもとで大きなケージに移した)
15匹位のコオロギを放り込むんだが、翌日全部いなくなる日もあれば数匹残っている日もある。
けど週5日はコオロギ入れてるかな。

んで下画像の個体がそのケージに放り込んだオス個体

fc2blog_20140127010419eae.jpg

目がデッカいねぇ(笑)
別個体。

fc2blog_2014012701215351d.jpg

痩せ気味?
標準がどの位か判らんのだが、ケージに放り込んだ時よりも少し太った。
腰骨浮いてたもんなぁ。

fc2blog_20140127010447b81.jpg


残り3頭中2頭は1週間に2~4匹のコオロギを食べているようだが、1頭は昨日ようやく1匹だけコオロギを食べたモヨウ。
(12月30日に入荷して、ようやく1匹だよっ!補足:2月2日現在、3日に2匹食べているモヨウ)

カメレオン(サイテス種)を注文する場合、よほどの事がなければノーサイテス種を注文しなければならない。
(シッパーからすれば、年間のサイテスの数は決まっているため、その他の生体を買ってもらわないと収入が限られてしまうからね)

カメレオンを買うために買う彼等だが、入荷した以上は出来るだけ多くを生かしてあげたい。
カリカリで入荷したソメワケとかねorz

で、ここでソメワケササクレヤモリセール。

今回のはメスが小さいのばっかで、なのにフルサイズとベビーオスもいるというアンバランス。

フルサイズとベビーサイズのオス、限定6頭を1頭¥2000で販売しています。
ころっとして可愛いんで、是非宜しくお願い致します。

Twitterにも載せたマソベ画像。
60のケージにいる3頭。



最初はそれぞれ別のシェルター(3つ並んでいるんで同環境)で寝てたんだが、最近一つのシェルターで寝るようになった。
実は寂しがり屋か(笑)

先日メス1頭がいきなり尾っぽを自切りしてしまった。
何があったんだ?


にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ
<ポチよろちく(o^^o)って、今回ヤモリネタじゃんorz









テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2014/02/03(月) 02:49:34|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

マダガスカルへ戻りたい店主とスジへラオヤモリ

近々マダガスカルへ戻りたくてしょうがない店主です。
まじで戻りたい(涙)
実は調査したい場所があるんだよね。

いつも通り(笑)ある日突然日本からいなくなっても笑って許してね!

んでスタッフのT君に

あのさぁ、行き成り明日からマダガスカルに戻るからって言ったらどうする?

と聞いたら

いつでもオッケーです。
『マダガスカルへ戻る。後はよろしく!!』って書置きだけがあっても大丈夫っす!

何とも心強い言葉だ!!

これならいつでも旅に出られるなぁ。
資金があったらだがorz
マダガスカルと日本の往復航空運賃だけで20万円。
早々出ねぇよ(滞在費別/滝涙)
最悪な事にドルもユーロもバーツも円高だしな(マダガスカル関連だと、この3つの通貨が必要なんだよね~orz)

んで話し変わって本日のネタはヘラオヤモリ。

画像はスジへラオヤモリ。

20130420

何とも優美な姿だ。
フリンジもだが(何で一発変換が不倫時なのかなぁ)
この種は尾っぽがまるで貴婦人の帽子を飾る羽根飾りのように優美で綺麗だ。
夜行性なんだが、室内が明るくてもコオロギを放り込むと直ぐに反応して動き出す。
イエコでもフタホシでもバクバク食う。

スジってその名のごとくスジっぽくて面白くないヤモリと思いきや(大抵枝に張り付いて伸びきった画像しかみつからないから)
動き出すと立体感があって、とても綺麗なヤモリなんだよねぇ。

201304201

ペア価格¥35000

アダルトとヤングのメスがいます。
ヤングの方はヘミペニスが未発達のオスの可能性もあるんだが
まぁ、画像を見てください^^;

20130434

ぶっちゃけ飼育して最善の状態にはできるんだが、細かい知識は持ってないんで←ぶっちゃけ過ぎ
へラオはね~~立ち上げも飼育も出来るんだが、それ以外の知識はないんで詳しい方よろしく。
昨年10月に入荷したワイルドのエダハへラオヤモリのオスも元気に飼育しているよ。

そんなこんなでよろちく。



201304202


にほんブログ村 その他ペットブログ カメレオンへ




テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2013/04/20(土) 03:39:11|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

突如出現^^;

本日のびっくりどっきり

これ

091220

いやね、洗物してたわけだよ。
んで床に置いてた終わったやつを片付けようと、その内のひとつのプラケを取り上げて棚に置こうと思ったら

一瞬黒い物体が視界の隅に(汗)

 Σ(・ω・ノ)ノ!←マジでこんな感じ
びっくりして手元をマジマジと見れば

ケープデイゲッコーのチビだよ、おいっ!

プラケについた水滴を一生懸命舐めてた(汗)

しかし、ケープのケージに卵を見掛けた覚えが無い。
ケージの中をざっと調べるも形跡はなし。
だがしかし、実際にチビがいるわけだから、どっかに卵があるはず……と調べまくったら

ガラス扉の真上、端っこに1個(滝汗)

多分これだ。

チビは全長2センチほどしかなく細いんで、孵化して直ぐに天井の網の間から逃げ出したんだろう。
ちなみに全長2センチ

胴体は1cmくらいしかないんだぜ――――!(滝汗)

……ちっこい orz

捕獲してプラケに移したが、これ育てんの難しいだろ(汗)
以前1匹だけブルーゲッコーが孵化した時も思ったが、エサの確保が大変なんだよ(涙)
そん時は見事に失敗 orz

まあ、頑張ってみますか。

なんちゅーかあっちもこっちも落ち着き無い。
実は数日前からエボシの孵化が始まった。
今回は20頭ほどしか孵化しないんだが

来月5クラッチ孵化予定

んでただ今パンサーメスが穴掘りチュー(滝汗)

ついでに、なんか

ヤドク(ベントリ)もちょい怪しい。

寒さが増したこの時期、我がファームの春は今が真っ盛り(汗)

フトアゴオスも数頭のど真っ黒なんだよなぁ(遠い目)
そろそろペアリングした方がいいかもしんない orz


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/20(日) 10:04:23|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

コオロギと突然の来訪者

最近仕事量が増えた原因を説明しよう!←誰も聞きたくない?

今現在、全国的にイエコオロギが品薄状態 orz

聞くところによると、どうにも生産者さんのところで壊滅的な事態に陥り、イエコの生産量が落ちているどころか、廃業に陥っている業者さんもあるのだとか(汗)
ウィルスが原因だとか、血が濃くなり過ぎたとか、色々な情報が交錯しているようだが事実解明はなされていない状態。
とにかくイエコが育たないそうな。

常々思っていることだが、うちなんか特にエサを生産して下さる業者さんがあってこそのものだ。
なもんでこういった事態に陥り、日々危機感を募らせている。
ここ最近はその品薄に拍車がかかり、もうどうしようもない状態にまでなったんで、一時中断していたデュビアの養殖に力を入れることにした。

とはいえ、中断と言っても数万匹のデュビアは緩慢に飼育していたんで(適当に飼っていてもゴキだけに最小限は殖えていた)その飼育を本格的に再始動することに。
いや、メンテナンスさぼりまくりで、ほんと凄いありさま。
それを全部メンテナンスし直して、尚且つイエコの育成・繁殖スペースを充実させるのに10日くらい掛かった orz

床に座り込んでぶっ続けで4時間とか、ちまちまケースごとのメンテナンスとかやると、体力は使わないが気力が削ぎ落とされて行く(ほんとに)

今のところ現存するデュビアで中型種以上のカメレオンはどうにかなるが、うちの場合小型種も多いんで(ヤモリだとかカエルだとか)やっぱりイエコは絶対必要。
テスト的に少数殖やしていたレッドローチの繁殖も、本腰入れて進めることに(20匹くらい買って、今数百のゴマ粒サイズが殖えてるけどさ)

フトアゴ・レオパはマウスと自分とこで調合しているオリジナル生タイプフードでどうにかなるが、そうじゃない生き物のエサを確保するのが今大変~~~~(泣)

ベースがあっただけ運が良かったと思わないとやってられない orz

091001んで時事ネタ。
突然二ホンヤモリがご来訪(・∀・;)
玄関を開けて、閉めようとしたら手の甲にフニャリ……とした感触。
驚いて手元を見たら

居たわけだ(汗)

しかも

家の中側に

だがこのひと(?)
ひと月くらい前に1階のファーム入り口に張り付いてたのと同じ個体だよな?
(ちなみに撮影場所は2階の玄関)
どうにもうちの建物の周りをテリトリーにしているモヨウ。
なんか尻尾細~~~~~(汗)
タマタマは立派だが(・∀・;)
何となくなんだが、もう高齢のような気がする(雰囲気が)

余計なお世話だが、今年の冬を越せるのか?とか、ちょっと心配になって
いっそうちで飼うか?とか思ったが、これも自然の摂理だよなぁと(基本捻じ曲げまくった商売してるが)そのままお外にリリース。

ちなみに今のファームに移って3年経つが、二ホンヤモリを見たのはこやつが初めてだ。
実家(住宅密集地。だが自然が多い)では良く見るんだが、ファームの方(山が近く自然が多い)には意外に居ない。
思うに、二ホンヤモリは人間が多い場所の方が住みやすいのかもしれない。
ヤモリ=家守
だからだろうねぇ。

そういえば今の仕事になる前(基盤配線の製図書き)にタイに旅行に行ったんだが、街灯の下良く似たヤモリを頻繁に見た。
その時にホテルの方が
『ヤモリは神様の使いで家を守っているから、捕まえたりしちゃいけないんですよ』と、とても穏やかな顔でそう仰られた(片言の日本語で)

当時は爬虫類を飼っていなかったんだが、子供の頃からトカゲやカエルで遊んでいた人間なんで然程違和感がなかったんだが、何十匹もホテルの外壁に引っ付いている様を驚く観光客なんかが多かった所為なんだろう(ホテルの明かりに集まる虫を狙って集まるらしい)

ちなみにその時の私は

うお~~っ、すっげぇぇぇ!
おもしれぇぇぇぇ~~~!

何分もその光景を眺めて楽しんでいたという(笑)←職業選択の前触れ

来年もまた会えるといいなぁ。






テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2009/10/01(木) 09:47:26|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0

ヒガシアフリカトカゲモドキその後

ちとここ最近の激務で撃沈(・∀・;)
ちゅーてもココを書く気力が無かっただけという話なんだが。

昨日ついにデジタルムービーを購入した!
携帯で動画を載せた後に

やっぱ画像が悪いなぁ(滝汗)

ってことで、思い立ったら速攻欲しくなって、閉店10分前のパソコン屋に飛び込んだ。
んで数台の機種を前に、さてどうしたもんか……と←バックには蛍の光がリピート演奏
ざっと接写可能距離を見比べて、1cmならどうにかなんべぇよ、と(あまり深く考えない)
ちゃっちゃと買って、ちゃっちゃと帰った(笑)

で、早速初撮影。



被写体は9月3日入荷のヒガシアフリカトカゲモドキ(♂)
ひと月近く経った現在、まるっと太って恐ろしく元気だ(・∀・)
ちなみにこの動画は、もう既にコオロギ5匹をぺロッと平らげた後に追加した分なんで
腹一杯でやる気ナシ(笑)

卵を産んだメスも同じくらいに調子が良い。
今のところストレスを掛けたくないんで別居状態。

残り1ペア(♂は再尾)

元気なヒガシをお探しの方、是非どうぞ~~~。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2009/09/30(水) 07:04:37|
  2. ヤモリ
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

酔っ払い店主

Author:酔っ払い店主
東京都武蔵村山市にあるカメレオンメインの販売店Crazy Geno(クレージーゲノ)のブログです。マダガスカルまで店主がカメレオンの捕獲にも行ってます!渡航中には現地からの更新などもありますんで宜しく(・ω・)ノ

最近の記事

最近のコメント

些細なつぶやき☆

カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード